S様邸の駐車場には花壇として設けられた長方型のスペースがございました。面積としては幅が数メートル程あり、ご自身でガーデニングをするにはやや広過ぎるサイズとも言えます。

そこで今回は、こちらの長方形スペースの中へ目隠しを兼ねたシンボルツリーを植栽し、2つの手頃なサイズの花壇を設ける事となりました。
シンボルツリーを合わせ立ち木は3本で構成され、見た目にも賑やかな雰囲気とする事が出来ました。

 

リビング窓を目隠しする植木レイアウト
ほぼ均等な間隔を持って植栽された3本の植木ですが、シンボルツリーとなる常緑ヤマボウシのサイズのみ大きくし、ランダムな印象を与えております。左手は生育の緩やかなソヨゴを植栽。隣地境界付近にあたりますので、生育時に越境などでご迷惑を掛けない様な配慮が大切です。右手のオリーブは現在は小振りながら、将来的には大いに生長が見込まれます。ゆくゆくの剪定時は、大きくしながら整えていく感覚が必要となります。

 

2つの花壇はナチュラルなデザインに
中央のシンボルツリーを挟む様に、2箇所に設けた石組み花壇。洋風ナチュラルな石を組み付け、右手花壇には木材を模した縁石をアクセントとして取り入れています。縁石はもちろん庭石の一つ一つもコンクリートを使用して据え付けており、頑丈な作りになっております。庭石の硬さを打ち消すようにグランドカバー類を植栽し、色彩的にも華やかに見せております。

 

花壇内は既存の土を掘り下げ、樹皮堆肥を混合した赤土を新たに入れております。予め深部まで土壌改良をしておく事で、後々の水捌け効果も良好になります。また、固い土を取り除いておけば、後々土をご自身で入れ替える際も軽い力で行う事が出来ます。

土壌改良も施した2つの花壇
組み上げられた花壇の様子です。庭石の表面は花壇のデザインを形取り、裏側は低木・グランドカバーを添える事で石の存在感を若干打ち消します。石は全てが露出している場合と植物が触れている場合とで存在味が大きく異なってきます。程好く、さりげなく植栽でぼかす事で、多くの庭石を使っても硬い印象の庭にならない様にする事が出来ます。

こちらのお庭の施工中の様子につきましてはお庭づくりブログ-柏市S様邸花壇植栽工事-シンボルツリーの植栽エリアと花壇を分けた庭づくりにてご覧戴く事が出来ます。