MENU
造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。

お庭づくりブログ

  • HOME »
  • お庭づくりブログ

【単幹樹形】の庭木のメリットと活かし方-代表的な一本立ちの樹種もご紹介

一本幹で樹形が作られる、いわゆる単幹樹形の魅力やメリットを解説。同じ一本幹の木でも使い方にどんな違いがあるのか?代表的な樹種は?そんな部分に焦点を当てて解説しております。

生垣の価格や費用はどう決まる?生垣設置助成金の活用例も解説します

生垣の価格や費用はどう決まる?助成金の活用例も解説

生垣の費用はどの様な仕組みになっているのでしょうか?植木だけでなく骨組み材も使用する生垣は、価格もm単位になっていたり解りにくい事も多いものです。こちらのページでは生垣の費用構成や自治体の助成金制度の利用法等も併せて解説致します。

玄関や花壇におすすめな庭木は?選ぶポイントや注意点、代表種類もご紹介

玄関や花壇におすすめな庭木は?選ぶポイントや注意点の解説、代表種類もご紹介

庭木選びの舞台となる事が多い、玄関周りや花壇。そんな場所での庭木選びのポイントとはどんなものなのでしょうか?注意点を交えながら、それぞれの場所におすすめな庭木の種類も紹介しています。

4種類に分かれる【株立ち樹形】を解説-ナチュラルな魅力や代表的な庭木もご紹介

4種類に分かれる【株立ち樹形】を解説-ナチュラル感の魅力や代表的な庭木も紹介します

庭木が好きな方であれば聞いたこともある「株立ち樹形」について解説。実は4種類に分かれる株立ち樹形の特徴や株立ちよりも自然に見せる植栽手法を解説。株立ちとして代表的な庭木も紹介します。

シラカシとは?目隠しや生垣への活用方法、他のカシとの違いも解説

シラカシとは?目隠しや生垣への活用方法、他のカシとの違いや剛健な性質も解説

シラカシは緑化などに使用される剛健な常緑樹ながら、細い葉が繊細な印象を与える植木です。目隠しを兼ねたシンボルツリーとしての使い方、他のカシとの見分け方や育て方も解説します。

日陰でも育つアオキの魅力-葉や実の美しさやカラーリーフの種類まで解説

アオキの特徴と育て方-葉や実の魅力から、カラーリーフの品種まで解説します

古くより日陰を彩る植木として重宝されてきたアオキですが、近年では明るいカラーリーフの品種も多くあり、洋風シェードガーデンにも欠かせない存在になっています。その魅力や育て方、剪定方法も解説します。

樹形を作りやすいキンメツゲの魅力-葉密度を活かして低い生垣や目隠しとして

キンメツゲの魅力と育て方-低い生垣や目隠しとして活用してみよう

イヌツゲよりも繊細で細かく、美しい新芽を展開させるキンメツゲは、常緑樹ながら春の季節感を味わえる植木です。目隠しや生垣に向くキンメツゲの植栽法や育て方を解説します。

生垣におすすめなマサキを解説-日陰でも育つカラーリーフの種類もご紹介

生垣におすすめなマサキの種類と魅力-日陰でも育つカラーリーフを庭へ取り入れてみよう

マサキは古くから庭に植えられてきた常緑樹ですが、近年では様々な葉色を持つ品種が多く、人気のある木です。生垣用としても有名なマサキの特徴や種類、育て方も解説します。

トキワマンサク(ベニバナ・白花)の特徴と魅力-おしゃれな生垣やシンボルツリーとして

生垣におすすめなトキワマンサク(ベニバナ・シロバナ)の魅力と特徴-シンボルツリーでも楽しめる常緑低木を知ろう

トキワマンサクは紅花種と白花種で葉色も異なる庭木です。シンボルツリーとしてもおしゃれな美しさを見せますが、強い目隠し効果を活かした生垣としての存在が有名です。その魅力や特徴、育て方を解説します。

ヒメシャリンバイはどんな庭木?花も楽しめる生垣や低木シンボルツリーとして

ヒメシャリンバイはどんな庭木?-花も楽しめる成長も緩やかな常緑低木を解説します

常緑樹ながら繊細な葉と枝振りを見せるヒメシャリンバイですが、木そのものはしっかりとした樹形であり、背の低い物でも小さなシンボルツリーとして植栽できる、優れた植木です。

1 2 3 16 »
PAGETOP