お庭づくりのご依頼をいただいた際、メインとなるのは雑草対策の施工でした。

広いお庭の全面から雑草が生えている状態であった為、今回のデザインは雑草が生えないエリアを広く設け、植栽エリアは最低限とする方向となりました。

庭づくりのコンセプトとしては、

  • 隣地との境にさりげない印象のウッドフェンスを施工
  • お庭には防草シートや舗装、砂利敷きを施して雑草対策を
  • 植栽エリアは最低限に、目隠しと自然味を楽しめる様に

この様になっております。

広範囲の雑草対策をメインにした庭

広範囲の雑草対策をメインにした庭

旺盛な成長をする雑草への対策をメインとしながら、洋風のお庭を施工させていただきました。

道路からは洋風平板とウッドフェンスの景色が見え、その直線模様と植栽の柔らかみが調和する風景となっております。
植栽はヤマボウシをシンボルツリーとしており、物置隠しとしてシラカシもレイアウトしております。

植栽エリアの区切りとなる縁石は平板と同じ高さにして、お庭全体をフラットな印象に。

 

洋風ナチュラルな縁石と平板でデザイン

洋風ナチュラルな縁石と平板でデザイン

植栽部分を形成する縁石は長さ60センチの大型で、平板の大きさにバランス良くマッチする様に選んでいます。

グランドカバーは低木コニファーを寄せ植えしており、密生すれば雑草の生育も抑える力を持っています。

柔らかな落葉樹の足元を濃厚な緑色が引き締める組み合わせです。

 

フラットなお庭設計で歩きやすく

フラットなお庭設計で歩きやすく

平板~砂利~縁石までフラットに収めた歩きやすいお庭です。

グランドカバーは「ほふく型」とし、雑草対策にも心強い品種を植栽しております。

秋にはヤマボウシやブルーベリーが見せる紅葉が、美しくお庭を彩ってくれる事でしょう。

この施工例に関連するおすすめコンテンツ

お庭をおしゃれに見せる雑草対策とは?8つの対策方法もご紹介
お庭をおしゃれに見せる雑草対策の方法とは?雑草対策におすすめなマテリアルもご紹介
玄関アプローチと庭を融合するデザインとおすすめ素材
玄関アプローチと庭を融合するデザインとおすすめ素材
庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
目隠しウッドフェンスのメリットやナチュラルな魅力を解説します
ヤマボウシの花・紅葉・果実の魅力を解説-ナチュラルな樹形はシンボルツリーにもおすすめです
ヤマボウシの特徴と魅力-花や実、紅葉を楽しむナチュラルシンボルツリーとして
シラカシとは?目隠しや生垣への活用方法、他のカシとの違いや剛健な性質も解説
シラカシとは?目隠しや生垣への活用方法、他のカシとの違いも解説