剪定作業に併せた雑草対策施工により、歩きやすく快適なお庭へリフォームさせていただきました。

世田谷区のH様邸におきましては、既存のキンモクセイやオオムラツツジが大きく膨らむ様に生育し、歩行もままならない状態でございました。 刈り込み剪定を必要とする庭木におきましては、周囲よりやや伸びた様に見えるいわゆる「飛び」部分をカットするのみの管理に留めますと、作業後は綺麗に揃って見えますが年々膨らみながら生長を続ける事となります。 そこで今回は強剪定作業を含め、お庭に歩きやすいアプローチを備える雑草対策工事をさせていただく事となりました。

雑草対策施工前後の様子。日差しも戻って歩きやすいお庭へリフォームされ、防犯性も向上致しました。


キンモクセイが大きく膨らみ、お庭の奥が全く見えなくなっておりましたが、低木類を含み強剪定を施し、風通しも採光性も向上致しました。 植木が植わる土のエリアはエッジング材によってカーブ状に区切り、雑草対策(砂利)エリアを明確に分けた模様取りを行っております。お庭の奥まで設置されたアプローチが、お庭が隅々まで整備された印象を与えてくれます。

枕木調コンクリート平板によって遠路は柔らかな印象とし、物置の利便性も向上させました。


枕木に見えるコンクリート製平板は2枚組で設置し、ステップ調の雰囲気のアプローチと致しました。 コンクリートによって嵩上げをする様に据え付ける事で従来よりも歩行部分が6cm程高くなっております。これにより物置を使う際の使い勝手も良くなります。また、物置下部には樹脂製の板材を埋め込み、砂利が物置下へ流出する事を防いでおります。


左写真:お庭の奥から振り返る様子です。防草シートと砂利により明るくなったお庭に対しシックな色合いのアプローチの組み合わせ。一つ一つのステップがお庭に映え、メリハリのある風景に。
右写真:奥の物置にも、アプローチ用の枕木調平板を設置しております。こちらの物置にも同様に、砂利留め用の樹脂製板材を埋め込み設置致しております。

物置の裏や側面の狭小部には、透水性舗装(固まる土)を施工し、確実な雑草対策を。


こちらの様な狭小部分には防草シートは不向きであります為、舗装材にて確実な雑草対策施工を行っております。つる性や這性、あらゆる雑草の発生を抑制する事が出来ます。もちろん、舗装材の上へ砂利敷きを行う仕上げも可能となります。

お住まい裏手へも同時に雑草対策を。玄関から見える部分と裏手で砂利の種類を分けております。


左写真におきましては玄関から見える部分の為、こちらには主庭と同様に化粧砂利を敷き込んだ雑草対策を致しております。反面、お住まい裏手にあたる部分におきましては整地のうえ砕石を敷き詰めております。室外機の足下にも防草シートを敷設し、細かな雑草対策を行っております。お住まい周囲がジメジメとした雰囲気から開放され、気持ちの良い空間となりました。