A様邸の門周りは非常に美しい外構デザインが施されており、左右対称デザインの門柱にそれぞれ小さな植え込みスペースが設置されておりました。

また、玄関へ向かうアプローチには高さのある細長い三角形の花壇が設置されており、今回はこれらの小スペースを植栽デザインによって活かし、お住まいを美しく引き立てるべく施工をさせていただきました。

門扉周りの植栽デザイン

門扉周りの植栽デザイン

美しくデザインされた門周りの小花壇へは、シンプルかつ重厚な雰囲気の植栽レイアウトを施しました。
左右対称花壇は同デザインに植栽をする事で重みを増し、門周りをより重厚に見せる事が出来ます。
著しい乾燥が予想される花壇ですので、アスファルトに近い下部へはコニファー系グランドカバーでありますブルーカーペットを植栽。時折カットをしていただく必要のある低木ですが、メンテナンスをする程に綿密な絨毯状に仕上がっていきます。
反面、立ち木として植栽のヒメシャリンバイは生育面が非常に緩やかで、道路面にも適した庭木と言えます。
花も見応えがありますので、門周りにも季節感を添える事が出来ます。

 

立ち木とグランドカバーの植栽バランス

立ち木とグランドカバーの植栽バランス

庭木の上にポストがございますので、当然生育の速い木は適さない事となります。
今回は植栽時に背丈を詰めて整形する剪定を施しておりますが、ヒメシャリンバイであれば今後の頭部分のカットもお客様お自身で簡単に行っていただく事が出来ます。
枝透かしから重厚な刈り込み仕上げまで柔軟に仕上げられる木ですので、お好みによって剪定手法を変えていく事となります。

 

門扉越しに見るアプローチ花壇

門扉越しに見るアプローチ花壇

スモールガーデンとしてデザインを施した花壇はアイアン門扉を通して道路からも見えやすく、重要なビューポイントである事が解ります。
高さのある花壇でありました事もあり、施したデザインがとても見やすく、門周りの景観の一部としても成り立っております。

 

花壇へ施すスモールガーデンデザイン

花壇へ施すスモールガーデンデザイン

玄関へ向かうアプローチを飾るスモールガーデンは、奥行20~40cmの細長い花壇の中でデザインしております。
ガーデンデザインと申しますと足下への意匠にばかり目をとられますが、やはり足下を除いた遠景バランスも大切です。 こちらでは最奥のソヨゴをシンボルツリー兼パイプの目隠しとし、均等バランスを取ってアロニアやアデク等の中木を植栽しております。 まずは遠目からのバランスを優先して立ち木植栽を考え、次段階として足下のデザインを考えるのが良いかと思います。

 

庭石とカラーリーフ、下草が織りなす色彩

庭石とカラーリーフ、下草が織りなす色彩

既存でありましたアベリアやクリスマスローズを適所へ移植の上、洋風庭石と低木・下草類によってデザインを整えております。 基本的に明るいカラーとしてはアベリアと銅葉カレックス、庭石のみとしており、まずはこれらの強いカラーを均等配置すると最終バランスが良くなります。
その他の植物は華美にせず、むしろ落ち着いた色合いによって高級感を演出する方向と致しました。
既に備えてありましたスポットライトはデザインに合わせて移設し、ソヨゴを柔らかく下方から照らします。

 

野趣ある下草とシックなスレート砂利

野趣ある下草とシックなスレート砂利

洋風ガーデンのデザインと言えばカラーリーフやレンガが多く配されたお庭をイメージされるかもしれませんが、落ち着いた色彩の組み合わせによって上品な洋風ガーデンをデザインする事が出来ます。
砂利は小面積ではありますが、シックなカラーのスレート砂利を使用。底部へは簡易舗装を施して沈み込みや雑草の抑制を行っております。
スレート砂利はさざなみを感じさせる様な独特な敷き込み感を演出する事ができ、モダンな印象も感じられます。
やや暗く見えがちな外壁沿いですが、ヤブコウジやセキショウ類の自然味ある姿がマッチします。