目隠しの必要な箇所へ部分的に生垣を施工
D様邸におきましては道路より1mほど高い敷地となっており、道路を歩くと非常に見えやすい立地でございました。ます表向きとなるこちらの位置へマサキを植栽する生垣を施工。上から下まで密な枝葉による目隠しが可能です。目隠し目的として一部のみにフェンスを施工致しますと違和感がございますが、生垣でしたら部分的な施工でもお庭の景観として自然に馴染みます。今回は特に明るい色彩の葉を持つ斑入りのマサキを植栽致しております。

 

キンマサキの植栽とジューンベリーの植栽
マサキの生垣をお庭側から眺める様子です。もともと日陰にも対応する植木は、生垣に使用した際、地面近くの葉も綺麗に充実させる事が出来ます。反対に陽樹を使用しますと、日のあたりにくい下部などは枝葉が無くなってくる傾向がございますので、予め環境を考慮した植木選びが大切です。 生垣をスクリーンとし、手前にはジューンベリーを植栽しております。

 

アラカシや常緑ヤマボウシによる目隠し
車道側にはアラカシの列植を施し、生垣とはまた異なる雰囲気の目隠しと致しております。角部にはホンコンエンシス(常緑ヤマボウシ)を植栽し、こちらは背を大きく生長させる事によってシンボルツリーとしての存在感を出す事が出来ます。しっかりとした生垣とは異なり、自然に緑がある風景としてお庭に馴染ませます。

 

窓をピンポイントで目隠しする紅花トキワマンサクの生垣
日常的に開放するこちらの窓については低い道路からの目隠しが必要な為、部分的なトキワマンサクの生垣を施工しております。ゆうに2mはある植木をご用意し、植栽直後から効果の高い目隠しとなっております。フェンスですと難しい高さのカバーでも、生垣であれば無駄の無い範囲内かつ背の高い位置までカバーする事が可能となります。

 

玄関前の隙間を目隠しするヒメシャリンバイの植栽
玄関ドアの正面隙間には、同系統のヒメシャリンバイを2本並べる様に植栽しております。植木の中でも特に小さな葉を持ち生長の緩やかな特性は、やや狭い部分や景観上乱したくない部分などへの植栽に向いております。特に玄関を開けて道路を見下ろす立地においては、植栽を施す事で大きな安心感を得る事が出来ます。

 

防草シートと砂利敷きによる雑草対策を施工
平らに地面を整地したうえでの砂利敷き施工は、完成時の見た目に大きな効果をもたらします。点検マスや水道メーターの使用に支障の無い地面レベルを設定し、砂利敷き仕上げ時に丁度良い高さに仕上がる様にしております。施工前は全体が砂地だったお庭も、快適な空間に一変致しました。