T様邸は美しい南欧風の建物であり、施主様におかれましては設計・建築段階より、植栽との調和を考えていらっしゃいました。

今回は植栽の為に設計をいただきました外壁沿いのスペースへ、お住まいと調和する植栽デザインを施してまいりました。

外壁沿いに施す植栽デザイン

外壁沿いに施す植栽デザイン

植栽の構成は、右手にシンボルツリーのホンコンエンシスを配し、中央へ軽やかな印象のアオダモ、左手へ常緑低木のヒメシャリンバイをレイアウトしております。
木目調の扉や窓枠を美しく引き立てる様に、植栽も明るく色彩を散りばめる様にレイアウトしています。
常緑樹・落葉樹のリズムはもちろん、色の移り変わりも楽しい印象に。

 

玄関周りと調和する植栽

玄関周りと調和する植栽

ポストエリアとインターホンのエリアに分けられた植栽スペースは、それぞれ植木レイアウトによって彩りを。
ポスト周りは当初アオダモの予定ではありましたが、頭上の軒の関係上も含め、生育の緩やかなソヨゴを植栽。単幹タイプのソヨゴは可愛らしい印象もあり、洋風建築へのマッチングも良い庭木と言えます。
暗くなりがちなステップ周りやポスト下部はゴールデンモップで明るく見せています。

 

玄関周りの植栽レイアウト

玄関周りの植栽レイアウト

玄関周りへの植栽は、洋風の雰囲気に映える葉色を多用して仕上げています。いわゆるカラーリーフと呼ばれる植物、コニファーや斑入りツゲ、セキショウ類やカレックスをバランス良くレイアウトしてみました。
ポイント毎に据えられた庭石のブラウン色がリズム感を引き出します。
門柱にチョークベリーを植栽し、ナチュラルな雰囲気も添えております。

 

玄関で出迎えるホンコンエンシス

玄関で出迎えるホンコンエンシス

シンボルツリーとして植栽されたホンコンエンシスは、明るい葉色で出迎えます。やや光沢を持つ葉は部分的に異なる色彩を見せ、カラーリーフの様な雰囲気も持ち合わせています。
ハナミズキと似た枝振りは繊細で整形的な仕立てにも対応でき、剪定による樹形維持もしやすい庭木です。

 

ナチュラルな雑木に調和するお住まい

ナチュラルな雑木に調和するお住まい

植栽スペース中央部分へ背の高い軽やかなアオダモを植栽。これにより圧迫感も皆無なナチュラル感を取り入れています。足下は色彩の異なるコニファーが続き、時折砂利仕上げの空間を作る事で、小庭らしさも演出します。

 

窓に寄せるアオダモのシルエット

窓に寄せるアオダモのシルエット

アオダモは枝葉の少ない繊細な樹形が魅力ですが、これを活かして外壁や窓へ寄せる植栽手法が可能になります。
重たい印象の常緑樹や生育の旺盛な落葉樹ですと、あらゆる問題から建物へ隣接する植栽には向きません。
ナチュラル感を感じながら建物に寄せられる木は限られていますので、是非取り入れたい植栽手法と言えます。

 

奥行き60cmの空間で作る植栽デザイン

奥行き60cmの空間で作る植栽デザイン

あらゆる樹形と色味を感じられる植栽デザインですが、施工箇所となる奥行きは60cm程の細長い空間です。
植栽の高低差や配色に工夫を凝らす事で、細長い場所でも楽しい小庭としてデザインをする事が出来ます。
また、無理に植物のみで埋め尽くす事はせず、空間そのものをデザインに取り込む事が有効となります。

細長い場所も活かす植栽デザインを、是非取り入れてみては如何でしょうか。