S様邸のお庭はお住まいや駐車場、そして道路からもよく見える重要な位置にありました。

単調な正方形のお庭こそ、実は植栽やレイアウトの工夫によって、立体感のデザインにする事が出来ます。

今回は植栽による目隠しを考慮しつつ施工した、洋風坪庭とも言える施工例となります。

 

庭石もレイアウトした洋風坪庭の眺め

庭石もレイアウトした洋風坪庭の眺め

お住まいリビングに面したスペースにお作りした、洋風坪庭の眺めです。

外からの目線を程良いレベルで目隠しするヒメシャラを始め、イロハモミジと椿をメインに植栽しています。

デザインの特徴としては、明るい色彩を持つ洋風庭石である「みかも石」を、様々な色の低木や下草と合わせてコントラストを効かせた点にあります。

多くの色を散りばめた植栽とリズミカルに据え付けた庭石が織り成す、明るいスモールガーデンとなりました。

 

程良い目隠しと立体感を生む庭木

程良い目隠しと立体感を生む庭木

左写真:ヒメシャラ越しに眺める庭は遠近感が感じられ、木々の中で庭を楽しむ様な感覚を楽しめます。
お住まいの近くに植えられる庭木はやや限られてきますが、やはり落葉樹の裏側が見せる陰影の美しさは独特の魅力があります。
奥に見えるツバキが隣家をしっかりと目隠ししており、この庭の中ではとても大切な役割を持っています。
右写真:動きを感じるみかも石のレイアウトは、遊び心と自然味を意識する様にしています。
洋風の庭石は化粧砂利とのコントラストも魅力ですが、低木や下草との引き立て合いも見所です。

 

洋風の庭石であるみかも石は、黄色~茶色がかった色合いで、派手過ぎない洋風の雰囲気をお庭へ加える事が出来ます。
独特の割れ肌は野趣も感じさせる為、ランダムなレイアウトをすれば、ナチュラルガーデンにもよく合います。

低木類と庭石のデザイン

低木類と庭石のデザイン

こちらのお庭の様にリズミカルな配置をする事で、小さなお庭にも躍動感を加える事が出来ます。

低木類は斑入りツゲやオタフクナンテン等の明るいカラーリーフを多く植栽しており、お庭で陰りがちな部分も明るく見える様になりました。

背が高くても圧迫感を感じさせないイロハモミジとヒメシャラが、この洋風坪庭を優しい風景にまとめてくれます。

この施工例に関連するおすすめコンテンツ

庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
低木とは?おしゃれなレイアウト方法やデザイン効果、代表的種類も紹介します
低木とは?おしゃれなレイアウト方法やデザイン効果、代表的種類も紹介します
坪庭とは?由来やデザインのポイント、小さな庭や狭い庭の実例も
坪庭とは?由来やデザインのポイント、小さな庭や狭い庭の実例も
ヒメシャラの特徴と美しさを解説-シャラノキとの違い、自然なシンボルツリーとしての植栽実例も紹介します
ヒメシャラの特徴と美しさ-シャラノキとの違いも解説します
イロハモミジの特徴と魅力-樹形や成長傾向の解説、自然なシンボルツリーとしての実例もご紹介
イロハモミジの魅力とは?特徴や樹形の解説、庭木としての植栽実例も