施工前のコーナー花壇

施工前のコーナー花壇

I様邸は駐車スペースと道路に隣接したコーナー花壇があり、植栽が未施工の状態でありました。
こちらの花壇は外構業者様が非常に丁寧な施工をされており、今回はこちらの花壇へ植栽デザインを施すご依頼を戴きました。

アプローチ周りを引き立てる植栽デザイン

アプローチ周りを引き立てる植栽デザイン

コーナー花壇を飾る主木として、右手へホンコンエンシス(常緑ヤマボウシ)を植栽。株立ち物がメインに流通しておりますが、今回は樹形の整った単幹2本を現状合わせにて寄せ植えをしております。寄せ植えに伴い各所へ剪定を施し、違和感の無い仕上がりに。
グラウンド部分は常緑種、乾燥に耐え得る品種でまとめ、庭石やシックな砂利を合わせて洋風ナチュラルな雰囲気でまとめております。

 

せり出す落葉樹は圧迫感の無い木を

せり出す落葉樹は圧迫感の無い木を

立体感とはいわゆる高低差や樹姿の違いを組み合わせる事で生み出す事が出来ますが、それらに加え、やはり樹形そのものに動きを感じられる木を使う事が有効です。右手の成型的なホンコンエンシスに対し、最も外側へせり出す木として西洋カマツカをレイアウト。圧迫感の無い細く繊細な自然樹形は、限られた場所を最大限に活かす立体レイアウトを可能にします。

 

色彩を散らすグランドカバー類

色彩・形状を散らすグランドカバー類

足下の植栽、いわゆるグランドカバーにおいては、地面をカバーし過ぎない事も必要です。単種で覆い尽くす手法も時には有効ですが、他種同士の間隔を確保する事で必ず自然な模様が生じます。これは遠目から眺めた際の漠然とした立体感に繋がり、建材・資材では生み出す事の出来ない植栽ならではの風景とも言えます。

 

硬い印象を加えて周囲を柔らかに

硬い印象を加えて周囲を柔らかに

かつては庭づくりに巨石が多く見られた物ですが、小さな庭石であれば小さな場所で魅力を発揮します。
洋風ナチュラルな雰囲気は庭石ひとつでも表現できますが、石の持つ色・硬さ・形は周囲の植物の色を引き立て、葉の柔らか味を引き出します。
小さく、佇む、という表現で扱えば、庭石も実に優しげな自然素材と言えるのです。

 

「ずらす」事を意識するレイアウト

「ずらす」事を意識するレイアウト

小さな場所で立体感を演出する場合、「並べない」「ずらす」というレイアウトが面白味を生み出します。
2つの素材であれば、かならず一直線に並ぶ角度が存在しますが、3つを用いますとどこから見ても異なって見える形を作る事が出来ます。一つが見え隠れしたり数が違って見えたりと様々ですが、これを庭石や植栽に置き換えると、広さに関わらない立体的な庭づくりに繋がります。
同じコニファー系統ですが色と生育形状の異なるウィルトニーとブルースター、これらの間へ大きく形の異なるカレックスを挟み込んで植栽。手前の砂利と奥のバークチップも色味が異なり、さり気ない立体感を演出します。

 

花壇内に留まらず、外部との調和も

花壇内に留まらず、外部との調和も

花壇内を立体的な小庭に見せる事がメインではありますが、やはり周囲との溶け込みも感じたいものです。
さり気ない存在感ではありますが、先述のセイヨウカマツカは背後の美しい壁との調和も意識して植栽をしております。花壇内の施工ではありますが、やはりある程度の広がり、自由な雰囲気も取り入れたいものです。