鎌ヶ谷市F様邸は道路に面したお庭があり元々は寒椿の生垣がございましたが、毛虫の害がひどく木も太ってきてしまいました為、生垣とウッドフェンスを合わせる形で施工をさせていただきました。

 

生垣とウッドフェンスの組み合わせ

生垣とウッドフェンスの組み合わせ

道路沿いに施工した紅花トキワマンサクの生垣とハードウッドフェンスの組み合わせ。

生垣の高さは約1.8mあり、枝葉の密度の濃いトキワマンサクをご用意しましたので、生垣施工直後から高い目隠し効果を発揮しています。

生垣の骨組みも景観を重視して組んでおり、綺麗なL型の骨格がお庭らしさを感じさせます。

ウッドフェンスとの繋ぎは慎重に設計・施工をしており、変化も楽しめるおしゃれな目隠しとなっています。

 

216
生垣の高さが1.8mありますとやや背の高い生垣に分類され、それに伴い骨組み部分もしっかりと組む必要があります。

枝が急激に太らない紅花トキワマンサクはご自身での刈り込み剪定も可能であり、すぐさま濃い壁を形成する事が出来ます。

紅花トキワマンサクの葉は常に紅色を帯びていますので、カラーリーフを持つおしゃれな生垣としておすすめです。

この施工例に関連するおすすめコンテンツ

お庭を目隠しするメリットと、フェンスや垣根、生垣等の対策方法もご紹介
お庭を目隠しするメリットは?フェンスの種類は?目隠し対策の設計方法や注意点も解説します
生垣の目的は?メリットは?花や葉がおしゃれな種類の紹介と、費用や助成金の解説も
生垣とは?メリットや注意点、おすすめ全21種類を花・洋風・低木等のテーマ別にご紹介
目隠しウッドフェンスのメリットやナチュラルな魅力を解説します
庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
生垣におすすめなトキワマンサク(ベニバナ・シロバナ)の魅力と特徴-シンボルツリーでも楽しめる常緑低木を知ろう
生垣におすすめなトキワマンサク(ベニバナ・白花)の特徴と育て方