鎌ヶ谷市F様邸は道路に面したお庭があり元々は寒椿の生垣がございましたが、毛虫の害がひどく木も太ってきてしまいました為、生垣を施工の上、ウッドフェンスを合わせて施工をさせていただきました。

トキワマンサクによる背の高い生垣を施工する事で、プライベートを確保致しました

215
道路沿いに施工を致しました紅花トキワマンサクの生垣。併せまして駐車場との境界部分にはウッドフェンスを設置致しております。高さも十分且つ、枝葉の密度の濃いトキワマンサクをご用意する事が出来ました為、こちらの様に生垣の施工直後より目隠しの効果を発揮しております。

生垣はL字型にお庭を囲い、1.8mの高さで製作

216
高さ1.8mと通常よりもやや背の高い生垣設計となっており、それに伴い骨組み部分もしっかりと組み付けております。枝が急激には太らない紅花トキワマンサクはご自身での刈り込み剪定も可能であり、すぐさま濃い壁を形成する事が出来ます。紅花トキワマンサクの葉は常に紅色を帯びていますので、一風変わった生垣に仕立てる事が出来ます。