生垣を施工する前提でデザインされた既存の壁部分を塞ぐ様に、白花トキワマンサクを使って生垣を施工致しました。

トキワマンサクは花色によって葉色も異なり、紅花は葉が赤く、白花は黄緑色の葉を持ちます。

白花の生垣は全体を軽やかに見せる事ができ、淡色の外壁との相性が良いと思います。

 

生垣の骨組みを設置

生垣の骨組みを設置

今回の骨組みは竹を通常よりも上の方へ固定しております。

これは植栽をする植木の頂部がまだ座っていない(固まっていない)場合に行うもので、より上の方で縛り付けておきたい時に行います。

将来的に塀よりも若干高めとなる生垣を想定した骨組みとなります。

完成した白花トキワマンサクの生垣

完成した白花トキワマンサクの生垣

完成した白花トキワマンサクの生垣です。

葉は明るく、背景の白い外壁によく合います。

紅花トキワマンサクは豪華な色合いで目を引きますが、白花トキワマンサクであれば爽やかな存在感があり、生垣として成長した後も圧迫感を感じない仕上がりとなります。

清潔感のあるお住まいを軽やかに見せる生垣へと生長する事でしょう。

この施工例に関連するおすすめコンテンツ

生垣の目的は?メリットは?花や葉がおしゃれな種類の紹介と、費用や助成金の解説も
生垣とは?メリットや注意点、おすすめ全21種類を花・洋風・低木等のテーマ別にご紹介
生垣の価格や費用はどう決まる?助成金の活用例も解説
生垣の価格や費用はどう決まる?生垣設置助成金の活用例も解説します
庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
生垣におすすめなトキワマンサク(ベニバナ・シロバナ)の魅力と特徴-シンボルツリーでも楽しめる常緑低木を知ろう
生垣におすすめなトキワマンサク(ベニバナ・白花)の特徴と育て方