O様邸は外壁沿いに花壇が整備されておりますが奥行きが30cm前後とやや狭く、深さもある為にご自身で草花を楽しむには不向きな構造となっておりました。

そこで植木によって充実させる事となりましたが、やはりこの狭さですと植栽に向いた木の種類も限られてまいります。
今回の植栽レイアウトはこちらの所をメインに考慮する必要があり、尚且つレイアウトが単調に見えない様に配慮を致しました。

高低差を付けた植栽レイアウト

高低差を付けた植栽レイアウト

植栽レイアウトと致しましては、まず高低差を付けて庭木を単調に見せない様な配慮を致しました。
外壁にかなり近い場所である事から、生育による徒長枝が強い木は避ける必要があり、この事から落葉樹は除外する事と致しました。
左手のガスメーターは「見え難く」する程度に枝が被るソヨゴ株立ちを選んでおり、検針の方のご迷惑にもならない目隠しとなっています。

 

シャープな配列を見せるスカイペンシル

シャープな配列を見せるスカイペンシル

中央に3本並ぶシャープな木はスカイペンシルです。
一見コニファーの様なシルエットですがツゲの仲間であり、剛健で横へ広がりにくい生育特性を持っています。
日光を不可欠とするツゲの一種でありながら日陰に弱い訳ではなく、ある程度の日陰であれば適応して光沢のある葉を保ちます。
小さな場所であってもシャープで濃いシルエットがお住まいを引き立ててくれます。

 

ポスト脇のヒメシャリンバイ

ポスト脇のヒメシャリンバイ

ポスト脇となる場所への植栽は、生育の緩やかな庭木が絶対条件となります。
ヒメシャリンバイであれば生育も緩やかであり害虫も付きにくい為、手を伸ばすポスト脇へもおすすめできる植栽ではあります。
また、小さいサイズでありながらも枝葉が充実した樹形を選んでおりますので、コンパクトなシンボルツリーとしての風格も備えております。

 

レンガチップによる装飾

レンガチップによる装飾

景観向上と乾燥抑制の為、植栽足下へはレンガチップを敷き詰めています。
砂利から木が生えていますと違和感を感じてしまうものですが、レンガチップやバークチップですと不思議と馴染んで見えます。
深さがあり低木の育成も難しそうな場所でありましたら、おすすめな装飾方法と言えます。