K様邸は美しい竹林に面しており、お住まい自体の設計におきましても美しい環境を存分に取り入れる工夫がされておりました。
お庭として独立する面積は広大ではございませんものの、玄関までのアプローチ左右の空間を活かしきる事で、自然の中に佇む住居といったイメージの作庭を行う事が出来ました。

玄関アプローチに溶け込むナチュラルガーデン

玄関アプローチに溶け込むナチュラルガーデン

駐車場の奥に位置する、玄関アプローチを兼ねたナチュラルガーデンの風景。手前部分はお車を通常よりもバックさせた場合に備え、砂利敷きによる仕上げとなっております。不規則に散らばる様な鳥海石が自然らしさを演出する、雑木の苔庭空間になっております。左流れのアオダモや玄関に寄り添うコハウチワカエデが自然の中の住まいを演出し、ヒメシャリンバイやソヨゴなどの常緑樹が年間を通じて繊細な葉を見せてくれます。


左写真:
玄関付近まで進んだお庭の様子。アプローチは自然に水鉢と玄関方向に分かれ、こちらのエリアに入りますと周囲を雑木類に囲まれた空間となります。ヒメシャラやアオハダ、オトコヨウゾメなどの雑木類が三角構図の植栽によって山間の雰囲気を醸し出します。

石割りの水鉢が風情を出す玄関周り

石割りの水鉢と飛石が風情を出す玄関周り

右写真:やや玄関方向を見た眺め。水鉢周囲にはシダ類を多く植栽しており、春になりますと瑞々しい景色に変化致します。また、水鉢左右には本式の蹲を思わせる役石風の景石を設置し、微かに和の風情を感じる事が出来ます。こちらの石は小さな鉢物や苔玉などを飾る事も出来ます。
背後のウッドフェンスは防護と背景、双方の役割を担っており、より背後の竹林やお庭が引き立てられているのがお解かりいただける事と思います。

こちらのお庭づくりの様子は、お庭づくりブログ-市川市K様邸造園工事-玄関アプローチを自然味あるナチュラルガーデンににてご覧戴く事が出来ます。