リビング前の目隠しフェンス施工に併せ、花壇の施工と雑草対策(砂利敷き)によって快適なお庭へとリフォームをさせていただきました。


リビング前に施工をさせていただきましたのは、目隠し高さ1.8mを確保した樹脂フェンスです。高さもあり幅も4mございますので、圧迫感を感じない様に明るめのブラウンカラーを採用致しました。空間部となっております箇所は全て防草シートを敷設し、錆砂利によって明るいお庭に仕上げております。水溜りも出来ない快適なお庭に。

新たに施工を致しました花壇は奥行きを控え目にした実用的なデザインに。コンクリートを使用した据え付けにより頑丈な仕上がりになっております。


木目調のコンクリート縁石に庭石組みを合わせた花壇デザイン。既存のヤブランを移植してナチュラル感を出し、生育の緩やかなソヨゴの植栽で風景を締めます。最奥部にはこちらも生育の緩やかなヒメシャリンバイを植栽。双方共に濃緑色の色彩を持ち、少ない植栽数でも存在感を発揮する植栽レイアウトにしております。

小さな花壇や石組みでも造園技法に忠実な施工を。花壇内は良質な用土に入れ替えております。


既存のマスが砂利下に埋まってしまいません様に、こちらでは嵩上げ処置を施しております。小さな庭石ならではのカーブ組みにより、マスを自然に避けた花壇に。庭石の持つそれぞれの小さな窪みや突起を隣同士で合致させつつカーブ状の組み付けを行います。尚且つ、庭石それぞれが高低差を持った仕上がりにする必要がございます。基本に忠実な石組みが、花壇の仕上がりに大きく影響してまいります。