M様邸のお庭は隣家様の玄関アプローチ、裏手のお宅の通路双方に面しており、フェンスも無い為に境界も不明確に見える状態でした。

そこで今回は目隠しとお庭のスクリーンを兼ねたキンメツゲの生垣を設置し、その内側へ和風の小庭を施工させていただく事となりました。

 

キンメツゲの生垣に囲まれた小さな和風のお庭

キンメツゲの生垣に囲まれた小さな和風のお庭

L字型にキンメツゲの生垣を設置し、その内側へ小さな和風のお庭をお作りしました。

今回の庭づくりは施工環境から「坪庭」とも言えると思います。

小さな面積の中でも、陽のあたる部分と当たりにくい部分がありますので、植栽の種類選びはこの点を配慮して行います。

玉竜やセキショウ、ナリヒラヒイラギナンテンやシモツケ等の半日陰向きの植栽は、日陰でこそ本来の美しさが得られますので、上手にレイアウトを行えばお庭に瑞々しい緑を添えられます。

背の高い庭木はイロハモミジのみとしており、存在感が薄れない様に主役として全面に出しております。

 

庭木の高低差や庭石レイアウトでデザイン性を高める

庭木の高低差や庭石レイアウトでデザイン性を高める

背景の生垣と主木のイロハモミジ以外は、背の低い低木や下草をレイアウトしています。

これにより、小さな庭でも足下は広く感じられる様になり、歩きやすい環境にもなります。

低木や下草は風通しも日光も妨げない為、お住まいへの風通しを悪化させる事もありません。

庭石(鳥海石)はそれぞれの大きさに変化を持たせ、前後に揺らす様にレイアウトをしています。

これにより砂利敷きエリアにも曲線の様なディテールが生まれ、デザイン性の高い坪庭風景になります。

 

庭のスクリーンとなるキンメツゲの生垣

庭のスクリーンとなるキンメツゲの生垣

隣地境界と目隠しを兼ねたキンメツゲの生垣です。

キンメツゲは生長して生垣として仕上がった際、ハッキリとした輪郭を持つ緑の壁となります。

ただし陽が当たりにくい箇所は部分的に枯れやすい為、植栽する際は陽当たり具合に注意しましょう。

 

庭の外から眺めるキンメツゲの生垣

庭の外から眺めるキンメツゲの生垣

こちらは隣家様側から見る生垣の様子です。

目隠しだけではなくしっかりとした境界としても機能しており、庭が独立した空間になっている事がお解かりいただけると思います。

隣家様にとりましても緑の生垣であれば圧迫感を感じる事もなく、気持ちの良い環境となります。

この施工例に関連するおすすめコンテンツ

生垣の目的は?メリットは?花や葉がおしゃれな種類の紹介と、費用や助成金の解説も
生垣とは?メリットや注意点、おすすめ全21種類を花・洋風・低木等のテーマ別にご紹介
庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
和風の庭の魅力とは?庭園形式やデザインの解説、構成素材もご紹介
和風の庭の魅力とは?庭園形式やデザインの解説、構成素材もご紹介
坪庭とは?由来やデザインのポイント、小さな庭や狭い庭の実例も
坪庭とは?由来やデザインのポイント、小さな庭や狭い庭の実例も
日陰の庭(シェードガーデン)の基礎とデザイン実例-日陰向きの植物38種類もご紹介
日陰の庭(シェードガーデン)の基礎とデザイン実例-日陰向きの植物38種類もご紹介
イロハモミジの特徴と魅力-樹形や成長傾向の解説、自然なシンボルツリーとしての実例もご紹介
イロハモミジの魅力とは?特徴や樹形の解説、庭木としての植栽実例も
キンメツゲの魅力と育て方-低い生垣や目隠しとして活用してみよう
樹形を作りやすいキンメツゲの魅力-葉密度を活かして低い生垣や目隠しとして