玄関横や通り沿いに花壇の様なスペースを設けたお住まいが多く見られる様になっております。
かつての住宅事情とは異なり植物を植えるスペースが少なくなっておりますが、既存の花壇を活かせば小さな庭の様な景観を作り出す事が出来ます。

細長い花壇の中で活き活きと見える植栽

細長い花壇の中で活き活きと見える植栽

こちらは奥行き40cm程の細長い花壇ですが、適度な空間を取って多種の植栽をレイアウトしています。
葉の形や色が異なる種類を寄せており、賑やかな庭の様な雰囲気に。
ソヨゴやヒメシャリンバイは緩やかな生育ですので外壁に近くても安心して植栽ができ、同時にナチュラルな雰囲気を添える事が出来ます。

 

高低差を付けた植栽レイアウト

高低差を付けた植栽レイアウト

主立った植木は4本となっておりますが、それぞれ高低差を付ける様にレイアウトをしております。
同種の木であれば同じサイズの物を並べるのが好ましくなりますが、あえて性格の異なる異種をレイアウトする際は、大きさそのものも変えた方が植木それぞれの個性が引き立って見える様になります。

 

小石とグランドカバーで形成する植栽デザイン

小石とグランドカバーで形成する植栽デザイン

植栽を充実させたくもなる足下ですが、砂利や小さな庭石を使う事で造形美を作る事が出来ます。
この様な空間はメンテナンスの手間が掛からず、周囲も最低限の植栽量で仕上げられます。
植栽同士の間にこの様な空間を設ける事で「混ぜ植え」の様な仕上がりにならず、かえって多くの種類の植栽をレイアウトする事が出来る様になります。