外壁沿いに点在させた洋風の植木
W様邸におきましては広く美しい白壁が特徴的でございました。元より目を引く部分ではございますが、今回はこちらの外壁を更に美しく引き立てる植栽の施工をさせていただきました。植栽に使用致しました植木は主に常緑樹を中心とし、洋風の雰囲気を持つ植栽を考慮致しております。 太陽の光に反射する様なきらめき感は、白壁をスクリーンとした為の効果でもございます。

 

多種・異サイズの植木を考慮した植栽計画を
左写真:洋風樹木の代表種でありますオリーブを始め、ホンコンエンシスやフェイジョアを合わせております。植木の種類はもちろんの事、樹形につきましても花壇の特性上出来る限り吟味する事が必要です。オリーブは垂直に枝を伸ばすもの、ホンコンエンシスはスリムな株立ち樹形が既に整っているもの、といった様に道路沿いの花壇ならではの生育条件を考慮した植栽計画が大切です。
右写真:フェイジョアやシマトネリコ、コンフューサの濃緑が白壁をより優しい表情に変えてくれております。植栽の配置につきましては、窓の開閉に支障がございません様、お客様と都度確認をしながら施工をお進め致しました。植木の種類はもちろん、サイズにもバラつきを持たせて列植する事で、単調な植え込みに見えない立体的な植栽風景にする事が出来ます。

 

グランドカバーの植木による多彩な色合い
足下のグランドカバーにおきましては、立ち木の根元が乾きにくくなる様にする効果が見込まれなくてはなりません。更に嵩上げされたこちらの様な花壇でございますと、通常よりも乾燥する速度が速い事が懸念されます。毎日の散水をもってしても夏季は乾燥状態が日中起こります。その状態に耐えうるコニファー系のグランドカバーを植栽し、強い地被保護を任せます。コニファーのグランドカバーは領域拡大に伴いカットが時折必要なものではございますが、花壇という境界が明確になっておりますとご自身でのカット作業も行いやすくなります。