シンボルツリーとしてホンコンエンシスを植栽し、足元には色彩の異なるグランドカバーを添えました。乾燥しがちな部分は砂利敷きとし、雑草・野良猫対策も兼ねております。流し台の前に立ちやすく飛石を配す事で、歩行の際に砂利が散らからない様にしております。

玄関前へ植栽されたシンボルツリー(常緑ヤマボウシ)
左写真:単純な濃緑色だけではなく、どこかグラデーション的な色彩を見せてくれるホンコンエンシスをシンボルツリーとし、色彩の全く異なるイエローリーフのグランドカバーを植栽。植木同士による色味の引き立ちあいを。
右写真:もう一方の花壇にはブルーベリーとプリペットの植栽で、隅が暗くならない明るい色を添えます。グランドカバーのブルーパシフィックはこの様な陰地でも緑を維持します。

 

水周りも快適な空間になる砂利敷き仕上げ
水周りには防草シート上に砂利敷きを施して使いやすく。踏み石を設ける事で砂利の散らかりを抑制する事が出来ます。