文京区のA様邸は車通りも少ない閑静な住宅地にあり、周囲には木々も多く生育する好環境でございました。
門を入ると外壁によって囲まれた吹き抜け空間になっており、そちらにコンパクトな植栽スペースがあります。
今回はこちらの小さなスペースを自然な風景に見せるべく、雑木と下草類を中心としたデザインをさせていただきました。

門扉を入って見るナチュラルな小庭

門扉を入って見るナチュラルな小庭

道路から門をくぐった際に見える、小さなナチュラルガーデンの風景。頭上が明るく地面がしっとりとした雰囲気は林床の環境と似ており、日陰向きの下草はもちろん雑木の育成にも向いております。
シンボルとなるアオダモは将来的に2階リビングからも見られる様に放任生育させる事を前提とし、垂直枝の多い木を吟味の上植栽させていただきました。

 

下草類と自然石のデザイン

下草類と自然石のデザイン

庭スペース手前にはコンクリート製枕木を設置。少々の自転車の乗り入れが予想される為、予め違和感のない空間部分として取り入れています。
下草類は同種を多用するとよりナチュラル感を感じさせる事も出来ますが、今回はなるべく冬季も葉を落とさず、花も安定して見られる様に多種を取り入れて植栽しております。ヤブコウジやシャガ、ユキノシタやツワブキなどを始め、落葉種であるギボウシやナルコユリも随所から顔をのぞかせます。

 

雑木の寄せ植えと自然石の表情
左写真:立ち木エリアは奥へレイアウトしておりますが構成はアオダモだけではなく、アロニア(西洋カマツカ)とオトコヨウゾメを自然風に寄せて植栽しています。とくにカマツカは自然な曲がりを利用して主木に合わせる技法が行いやすく、花も実も紅葉も見せる庭木です。
右写真:ヤマアジサイと自然石(鳥海石)が作る風景。鳥海石は割れによる小石が多いのですが、今回は小石でも柔らかく削られた物を中心にレイアウトし、下草と合わさる優しい風景をデザインしています。柔らかな凹凸も丹念に組み合わせており、自然に組み合わされた風景に見せております。

 

大小を組み合わせた自然石レイアウト

大小を組み合わせた自然石レイアウト

自然石と下草のレイアウト。先述の様に石は凹凸を合わせて一体に見せており、そこから下草類が育った様なデザインを施しております。自然に習うレイアウトは生育後も違和感なくお庭が完成されてゆき、経年によってよりナチュラルな風景になっていきます。

 

多様な下草でも自然に見せるレイアウト
下草類の成長は膨らむ物や増える物など様々ですので、そちらのところも加味しながら植栽する事が望ましくあります。
夏花のヤマアジサイやギボウシを始め、冬季にもコンフューサやツワブキの黄花やクリスマスローズの花を見る事が出来ます。雑木類も総じて春に白花を付けますので、四季折々のナチュラルガーデンの表情が楽しめます。

 

自然風に寄せ植えされた雑木植栽
寄せ植えを施した雑木は実に自然なシルエットを見せてくれます。明るい時間は逆光で幹模様が際立ち、暗い時間は緑濃い表情が見られます。特に花の時期や紅葉時は微妙に異なる色彩が合わさった様に見え、山間の風景に共通する色合いが美しくなります。

 

小さな庭でも取り入れたいナチュラルデザイン

小さな庭でも取り入れたいナチュラルデザイン

ナチュラルな庭デザインは、特に面積を問わずに構成できるジャンルと言えます。自然に習って風景を小さく切り取った様な構成が求められますが、決して多くの植物や空間面積が必要な訳ではございません。
小石と下草、それを被せてくれる最低限の雑木があれば風景として成り立たせる事ができ、何よりも作り込み過ぎない優しい風景をお住まいに取り入れられるのがメリットです。かと申しましてもデザインは決して簡単な物ではなく、植栽の生育特性の把握に併せ、自然の風景に親しんでおく事が必要です。

小さな面積で楽しむナチュラルガーデンを、是非お庭へ取り入れてみては如何でしょうか。