葛飾区のS様邸におきましては、3か所への植栽レイアウトをさせていただきました。
グランドカバー等の地被植物を多用すればスペース全体を緑で覆う事は出来ますが、後々のご自身によるメンテナンスが大変になってしまいます。極端な混植等も同様で、施工直後の見栄えは良いかもしれませんが、長期維持となりますとお客様のご負担も大きくなってしまいます。

これらを考慮しますと、やはり植栽はポイントを決めてレイアウトして空間を設け、防草シート/砂利敷き等による雑草対策を施しておく事がおすすめとなります。

化粧砂利の中へポイント的にレイアウトした植栽

化粧砂利の中へポイント的にレイアウトした植栽

最も距離の長い個所への植栽レイアウトは、砂利敷きによる空間が映える様にポイントを絞っております。
左右が空間となっていますと木の生育も良好になり、かえって後々の景観向上にも繋がります。
使用しております植栽、フェイジョアやヒメシャリンバイ、コンフューサ等は色彩や存在感が華美にならず、お住まいを自然に引き立ててくれる雰囲気を持っております。
飾り付ける意図を出さない場合には、この様な植栽をレイアウトすると自然に馴染みます。

 

緑濃く、さり気ない印象のソヨゴ・カシ

緑濃く、さり気ない印象のソヨゴ・カシ

格子パーテーション部分には、目隠し補助としてソヨゴやアラカシをレイアウトしています。これらは緑濃い景観を作りながらも、さり気ない存在感に抑える事が出来る樹種と言えます。
列植したり、同種を何か所かへレイアウトしてもしつこくならず、お住まいと馴染みやすいのがメリットと言えます。
化粧砂利は小粒過ぎず平らに美しく均しやすいサイズを敷き込んでおりますので、より美しい仕上がりにする事が出来ます。

 

敷地内へ窪んだ花壇への植栽

敷地内へ窪んだ花壇への植栽

こちらはお住まいがL字型に窪んだ部分に位置する花壇で、手前コンクリート部は敷地内にあたります。
道路と接する場合と異なり、こちらには生育の旺盛なシマトネリコをレイアウトし、より高さを出す様に生育させます。単純に放任すればどの木でも美しい樹形になるという事ではありませんので、生育を見越してしっかりした芯のある樹形の木を選んでおく事が必要です。
3石レイアウトされた庭石がやや落ち着きのある眺めを演出し、シモツケは美しい花を見せる季節物として添えております。

 

小さな三角花壇へヒメシャラを植栽

小さな三角花壇へヒメシャラを植栽

玄関に近い部分にあたりますこちらの花壇は最も小さく、三角形の形状の小高い作りとなっています。
こちらは半日日陰となる環境を活かし、日照りに弱いヒメシャラを植栽しています。
砂利敷きによる空間が周囲を明るく見せ、雨による泥跳ねも防止してくれます。

環境を考慮した低木レイアウト

環境を考慮した低木レイアウト

半日陰の環境に合わせたヒメシャラに添えるのは、同じく日陰向きの植物です。
アオキ(ピクチュラータ)は日陰であればカラーリーフとして通年美しい発色を見せ、ツワブキは冬季に黄色い花を見せてくれます。双方共にメンテナンス性に優れた植物で、ご自身でのお手入れも可能です。
また、タマリュウやセキショウも同様に、暗すぎない日陰が最も綺麗に育ちます。
半日陰とはいいましても花壇の中は乾燥を起こしやすい為、散水だけはメンテナンスの一環として意識しておくと良いでしょう。