部分的に芝生を撤去して植栽エリアを設置
S様邸のマンションにおきましては1階の全戸が芝張りによって仕上げられており、植木としては背後の生垣が見えるのみでございました。そこで今回は芝生を部分的に剥がして撤去し、緩やかなカーブラインを持つ植栽用のエリアを施工させていただきました。対候性も高いポリエチレン製エッジ材を区切り無く設置し、花壇としても自由にお使いいただける土のエリアが生まれました。

 

アオダモ・オリーブなどの洋風の植木を植栽
新たに設置された植栽エリアの中心は、ナチュラルな雰囲気を出すアオダモを始めブルーベリーやアロニアを混植した植栽群にしております。右角にはオリーブを植栽して風景を洋風にまとめる様な配置に。低木類として葉が洋風テイストを引き出すプリペットや黄花の美しいキンシバイを植栽しております。

 

単純な列植に見せない植栽レイアウト
左写真:アオダモやアロニアを雑木らしく寄せ植えした空間の先には、洋風常緑樹でありますホンコンエンシス(常緑ヤマボウシ)が背景の様に植栽されております。既存の生垣は全体が濃緑色である為、お住まいからは様々な葉色が際立って見えます。
右写真:芝生を切り込んで設置されたエッジ材のライン。土部分が豊富に確保され、お客様ご自身にて様々な植物を植える事が出来る様になりました。立ち木や低木の植栽が仕上げられておりますので、少量の草花などが植わるだけでも非常に引き立つ事と思います。