バルコニーに設置した目隠しのプランター生垣
バルコニーに設置されたFRP製プランターへの植栽施工例となります。

お住まい外壁のカラーに馴染む、ブラック調のカラーを選択する事で、キンマサキの明るい色彩が存分に引き出されます。

1プランターに3本を植栽し、計6本の植木により生垣を構成致しております。

 

葉の密度が濃いキンマサキの生垣
通常は植栽間もない生垣ですと目隠し効果はまだ完成形とはなりませんものの、当初より枝葉の密度が濃いキンマサキをご用意する事が出来ました為、施工直後より十分な目隠し効果を持つ生垣となりました。

 

乾燥しにくい堆肥混合土
大容量のFRPプランターへ客土を致しましたのは、樹皮堆肥をメインに混合した赤土ベースの用土となっております。

一般的なプランター培養土ですと肥料分が強い事があり、限られた容積の土壌の中では肥料過多の状態になる事もあります。

また、乾燥時に砂質の様な土になりやすく、そうなりますとますます乾燥しやすい土となっていってしまいます。

なるべく庭土に近い土壌にする事で、長期的に生育の手助けをしてあげられる事となります。

この施工例に関連するおすすめコンテンツ

庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
庭木で視線対策をする方法とメリット-目隠しや生垣向きの常緑樹32種類もご紹介
生垣におすすめなトキワマンサク(ベニバナ・シロバナ)の魅力と特徴-シンボルツリーでも楽しめる常緑低木を知ろう
生垣におすすめなトキワマンサク(ベニバナ・白花)の特徴と育て方
お庭を目隠しするメリットと、フェンスや垣根、生垣等の対策方法もご紹介
お庭を目隠しするメリットは?フェンスの種類は?目隠し対策の設計方法や注意点も解説します
ヒメシャリンバイはどんな庭木?-花も楽しめる成長も緩やかな常緑低木を解説します
ヒメシャリンバイはどんな庭木?花も楽しめる生垣や低木シンボルツリーとして
キンメツゲの魅力と育て方-低い生垣や目隠しとして活用してみよう
樹形を作りやすいキンメツゲの魅力-葉密度を活かして低い生垣や目隠しとして
シラカシとは?目隠しや生垣への活用方法、他のカシとの違いや剛健な性質も解説
シラカシとは?目隠しや生垣への活用方法、他のカシとの違いも解説
生垣におすすめなマサキの種類と魅力-日陰でも育つカラーリーフを庭へ取り入れてみよう
生垣におすすめなマサキを解説-日陰でも育つカラーリーフの種類もご紹介
生垣の目的は?メリットは?花や葉がおしゃれな種類の紹介と、費用や助成金の解説も
生垣とは?メリットや注意点、おすすめ全21種類を花・洋風・低木等のテーマ別にご紹介