造園のご依頼を戴きました場所は歩道に面しており、庭との境界が何も設置されていない状況でした。
そこで小さな庭のスクリーンと境界を兼ねた圧迫感の無い生垣を採用し、内側へ和風の小さな庭を施工する事となりました。
小さなお庭を華やかに見せられる様、庭石の動きと植栽の色使いを特に考慮したデザインとなっております。

歩道を区切る低い生垣と小さな和風の庭
背景はキンメツゲの生垣による濃緑色のスクリーンにとし、囲われた内庭は坪庭風のデザインを施しました。植栽部分も生垣側へまとめ、全体的に広さを損なわない造園デザインとさせていただきました。

 

小さな面積でも動きを感じられる坪庭風デザイン
駐車スペースより眺めた小庭の様子です。敷石を渡って奥へ歩ける敷石通路を設けました。五色南天の赤色が目を誘い、立ち木は成長力の旺盛なシマトネリコ植栽し、将来その影に入る部分には日陰向きの下草類を植栽してあります。

 

シンボルツリーとなるシマトネリコ
左写真:シマトネリコ周りを近くから。色彩が単調にならない様、五色南天やアセビを添えて彩り豊かなお庭に。
右写真:シマトネリコの植栽周り。主に洋風のお庭に用いる事が多い植木ですが、柔らか味を活かして和風のお庭に合わせる事も出来ます。

 

庭の中で個性的な表情と動きを見せる庭石
小さな庭の中に見る庭石(鳥海石)の表情です。メンテナンスの容易な足元周りの植栽は、混植の相性を考えた施工を致しております。 見た目の個性や好みだけで混植をしてしまうと、強いもの以外が枯れてしまう等の事態が起こり得ます。