I様邸の専用テラスには、小さな花壇が設けられておりました。 これは各住居へ設置されているもので、地面レベルからの高さが高く、小さいながらもお住まいの中からよく見えるポイントとなります。

施工前の花壇の様子施工前は大きなネズミモチが植えられておりました。
観賞用としては不向きな樹木であり、常緑樹でありながら葉をよく落とします。これは成長力が旺盛で、伸びるに伴って古葉を落としているからです。
また、花の飛散もかなりの量となり、掃除も欠かせなくなります。
今回はこちらの既存樹を撤去し、モミジを主木とした優しい自然味ある風景をお作り致しました。

こちらのお庭の施工中の様子につきましてはお庭づくりブログ【造園施工の様子】新宿区I様邸、専用庭での小さな自然な庭づくりにてご覧いただく事が出来ます。

 

ナチュラルなモミジを主木とした坪庭風のデザイン
完成した花壇内の小庭風景です。 左流れのヤマモミジは、お部屋から眺めた際のバランスを考慮して植栽をさせていただきました。 転がり落ち着いた様な石の表情を見せながら、さりげなく組み付けて土留めとしております。

 

山石らしくランダムなレイアウトをされた鳥海石
小庭の右端にはお客様の育てられておりましたアジサイを植栽。特に暗がりとなる位置とし、夏場の傷みを回避します。 モミジ両脇にはコンフューサやヒメシャリンバイで背景を落ち着かせております。 石組で自然味を出す際は、どこを眺めても庭石が直線に並べられている所が無い様に心掛けると良いでしょう。

 

坪庭メンテナンス時の踊り場ともなる砂利敷き空間
砂利敷きの底部は防草シートを施工しております。この様に手前部分をスッキリさせる事で、砂利の上に乗って際奥部の除草などを行う事も出来ます。仮に手前まで植栽を充実させてしまうと、奥にはとても手を伸ばす事が出来なくなってしまいます。 風通しもよく、隅々まで散水を行いやすい小庭となっております。