造園技法を活かした植栽施工により、植木のみでお庭を高原の様な雰囲気にする事が出来ます。

造園技法でレイアウトした植木
落葉樹をランダムにレイアウトしております為、お住まいからお庭を眺めた際に奥行きを感じる事が出来ます。 広いお庭を植栽で埋め尽くすのではなく、予め空間を取って植木を成長させる事が大切です。目隠しの必要な部分には柔らかいイメージの常緑樹を植栽し、背景も引き締めます。

 

庭の中心にヤマモミジを植栽して遠近感を
お庭の中心にヤマモミジを配した植栽デザインは、道路から見てもお部屋から眺めても心地よい遠近感を感じる事が出来ます。秋には植木がそれぞれの色彩に染まり出し、大変に美しい情景となります。 お庭の奥へ設けましたカシの目隠し生垣は冬季も緑の葉を付けておりますので、プライベート感は1年を通して保たれます。