一般的に「フェンス」と申しますと、目隠し対策や見せたくない物を隠す為といった印象をお持ちになられるかもしれません。ですがこちらの施工例の様に、ウッドフェンスは時には向こう側をより美しく見せたい、といった使い方も出来ます。

K様邸ではお庭作りに先行してウッドフェンスを施工致しました。これは向こう側を隠す為ではなく、お庭の背景となる竹林をより美しく引き立てる為のスクリーンとしての設置となります。

 

お庭作りに先立ちまして施工した、イタウバ製のウッドフェンスです

お庭作りに先立って施工したウッドフェンス
お庭作りにあたり、まず最初に着手を致しましたのがこちらのウッドフェンスになります。目隠しの為のフェンスではなく、隙間を存分に空けて軽快感を演出。高さも1.2m程に抑えたローウッドフェンスであり、あくまでもお庭のアクセントとしての設計となっております。

 

ウッドフェンスの前へお庭作り。背景とお庭とが優しく繋がる風景が出来上がりました。

完成したお庭と背景を繋ぐウッドフェンス
フェンスの手前へナチュラルガーデンを施工した様子。落葉樹の葉が落ちる時期もしっかりとお庭の背景を確保し、竹林を色鮮やかに引き立ててくれています。風通しや採光には全く変化が起きない設計ですので、環境はそのままにお庭を引き立ててくれます。
手前のお庭につきましてはお庭の施工例-竹林を借景にするナチュラルアプローチガーデン-市川市K様邸にてご紹介を致しております。