MENU
造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。
お庭づくりブログ

庭のデザインや植物選びのヒント集

庭づくりを行う新美園から、お庭づくりに役立つコンテンツをご紹介しています。

・こんな場所にはどんな庭木が向いているのか?
・庭のデザインはどんなものがあるのか?
・庭の目隠しや雑草対策について知りたい

こんな疑問にお答えすべく、庭木選びや庭のデザインについて解説をしていますので、これから造園・植栽工事を検討される方や、DIYにチャレンジされる方も是非ご参考下さいませ。

単幹樹形の庭木のメリットと活かし方-代表的な一本幹の庭木もご紹介します

一本幹で樹形が作られる、いわゆる単幹樹形の魅力やメリットを解説。同じ一本幹の木でも使い方にどんな違いがあるのか?代表的な樹種は?そんな部分に焦点を当てて解説しております。

生垣の価格や費用はどう決まる?生垣設置助成金の活用例も解説します

生垣の価格や費用はどう決まる?助成金の活用例も解説

生垣の費用はどの様な仕組みになっているのでしょうか?植木だけでなく骨組み材も使用する生垣は、価格もm単位になっていたり解りにくい事も多いものです。こちらのページでは生垣の費用構成や自治体の助成金制度の利用法等も併せて解説致します。

玄関や花壇におすすめな庭木は?選ぶポイントや注意点の解説、代表種類もご紹介

玄関や花壇におすすめな庭木は?選ぶポイントや注意点の解説、代表種類もご紹介

庭木選びの舞台となる事が多い、玄関周りや花壇。そんな場所での庭木選びのポイントとはどんなものなのでしょうか?注意点を交えながら、それぞれの場所におすすめな庭木の種類も紹介しています。

4種類に分かれる【株立ち樹形】を解説-ナチュラル感の魅力や代表的な庭木も紹介します

4種類に分かれる【株立ち樹形】を解説-ナチュラル感の魅力や代表的な庭木も紹介します

庭木が好きな方であれば聞いたこともある「株立ち樹形」について解説。実は4種類に分かれる株立ち樹形の特徴や株立ちよりも自然に見せる植栽手法を解説。株立ちとして代表的な庭木も紹介します。

庭木・植木を選ぶ5つのポイントとは?常緑・落葉の違いや環境を踏まえて木の季節感を楽しもう

庭木・植木を選ぶ5つのポイントとは?常緑・落葉の違いや環境を踏まえて木の季節感を楽しもう

植木を選ぶには、植樹の目的、植える場所や環境、常緑樹と落葉樹の違い等も考える必要があります。これらのポイントを踏まえて植木を選び、お庭で季節感を楽しみましょう。

坪庭とは?由来やデザインのポイント、小さな庭や狭い庭の実例も

坪庭とは?由来やデザインのポイント、小さな庭や狭い庭の実例も

坪庭と言えば和風デザインを連想される事が多いですが、坪庭は洋風やナチュラルといったデザインをする事も出来ます。こちらでは坪庭の由来やメリット、環境チェックポイントを始め、デザイン実例もご紹介します。

日陰の庭(シェードガーデン)の基礎とデザイン実例-日陰向きの植物38種類もご紹介

日陰の庭(シェードガーデン)の基礎とデザイン実例-日陰向きの植物38種類もご紹介

日当たりが少ないからとお庭づくりを諦めがちな日陰環境。植物の選択やデザイン方法を工夫すれば、とても美しい日陰の庭づくりを楽しむ事が出来ます。日陰具合それぞれのデザイン例や日陰で育つ植物をご紹介します。

低木とは?おしゃれなレイアウト方法やデザイン効果、代表的種類も紹介します

低木とは?おしゃれなレイアウト方法やデザイン効果、代表的種類も紹介します

庭の植栽デザインの中では背の高い木(高木)がメインと思われがちですが、実はデザイン面に直結する割合は低木類の方が大きいものです。こちらでは、シンボルツリーを引き立て足元の視覚効果を担う「低木」の役割や植栽方法の解説、おすすめな種類の紹介も致します。

シンボルツリーにおすすめな庭木21種類と選び方、おしゃれに見せる植栽方法

シンボルツリーにおすすめな庭木21種類と選び方、おしゃれに見せる植栽方法

シンボリツリーはお住まいの顔となりながら、家の雰囲気を左右させる程の力を持っています。こちらのページではシンボルツリーによって得られる恩恵や選び方を始め、常緑樹・落葉樹それぞれシンボルツリーとしておすすめな庭木のご紹介、よりおしゃれに見せる植栽方法も解説致します。

花壇も庭に見せる8つの植栽レイアウト術

花壇も花壇も庭に見せる8つの植栽レイアウト術

花壇と聞けば草花を思い浮かべる方も多いと思いますが、庭づくり方法を応用すれば花壇を庭として見せる事が出来るのです。花壇の植栽をデザインする8つのレイアウト方法を活用して、スモールガーデン風に見せてはいかがでしょうか。

1 2 3 »
PAGETOP