限られた土部分を使っての洋風ナチュラルな植栽空間。お庭の随所に見える自然味がポイントです。

葛飾区のM様邸には連続した花壇が設けられておりました。
小さな草花を楽しまれる事も出来ますが、今回はこちらの土スペースを庭として使い、緑地の様な心地良さを感じる空間を考えさせていただきました。 頭上に感じる心地良い植木の緑が、日々の生活に潤いを与えてくれます。

頭上に緑を感じる、緑地の様な心地良さを。大きめの植栽でまとめております。

ka4
花壇に木を植える、という作業では出しにくい雰囲気を大切に施工致しました。柔らかく大きめの落葉樹を点在させ、その隙間に小振りな常緑樹を挟んでバラン スを取っております。ヤマボウシやヒメシャラ、ジューンベリーは特に大きめに存在感を。その他小振りなトネリコを傾けて他の植栽と一体化させるなど、少々 の山の雰囲気も出す植栽方法です。みかも石の明るい色が、鮮やかな自然味を演出してくれます。

日向と日陰によって植栽を考慮してあります。玄関側の日陰は野趣も感じられます。

76
左写真:背の低いトネリコ越しに眺めるヒメシャラ・ヤマボウシ。植え方、見方によって植栽は多彩な表情を見せます。
右写真:玄関前、日中ほぼ日陰の部分となります。植栽の下枝を少なくして風通しを良くする事が大切です。
細長いお庭の中でのびのびと植栽された植木は、心地の良い遠近感・奥行き感を感じさせてくれます。 日当たりの良過ぎない環境ならではの、自然味あふれる植栽です。

メンテナンス性に優れたグランドカバーに「みかも石」の組み合わせでお庭に明るさを。

77
既存の散水栓を囲う様に、ホース置き場として制作した部分です。 石も平板も下地としてコンクリートで固めており、足場として使用しても差し支えありません。 また、砂利敷きの下には透水性舗装にて雑草対策も施してあります。