今回は世田谷区のF様邸にて施工をさせていただきました、植栽作業の様子です。

お客様へのご提案につきましては、初回のお話し合い時にある程度ご提示する事が出来ました。
その後、お客様より外壁の黒~グレーと合う色彩に統一する様なイメージにてご要望をいただき、この度の植栽施工に至りました。

外壁に合わせる植栽と致しまして
■濃緑色である事
■伸びた際に緩やかでのびのびとした樹形の中低木
■玄関部はやや透けた洋風目隠し植栽
■全体的に常緑樹を主体とする
この様な条件にてご提案をさせていただきました。

植栽スペースは2箇所あり、形も高さも違った作りではありますが、植栽によってテーマを統一させ、一体感のある景観を作っていきます。

玄関前の植栽スペースの施工です

狭小部への植栽
玄関前となる三角の植栽スペースです。
一見してフタが隣接している為、配管類が近くに通っていそうな場所ですが、管は深くに位置しており、建物の業者様へのご確認もしていただきましたうえで、植栽を施しております。

目隠し植栽の位置決め 一旦植木の水決めを行います
玄関の目隠しとしてご用意致しました、フェイジョアの植栽です。
シンボルツリーとしての存在感もあり、お住まいの顔となります。
葉の表裏のコントラストが美しく、洋風かつ重厚な雰囲気を持ち、背景の外壁に映えます。
ご用意するにあたり、こちらのフェイジョアは柔らかさを残した幅のある物で、風に揺れるイメージを損なわない仕立ての物を吟味いたしました。
植栽の位置を決め、低木類の植栽に先立ち水決めを行います。

使用するギンバイカ 適度な間隔で寄せ植えを
足元を柔らかく包み込み、フタやその他を将来的に見にくくする様にギンバイカを寄せ植えしていきます。
ポット物にしては幅も高さも充実しており、柔らかでボリュームのある雰囲気を作る事が出来ました。
フェイジョア同様の濃緑色を持ち、小さな葉が緻密な印象を与えてくれます。
生長が旺盛ですので、所定の位置まで伸びた際は定期的に鋏を入れて維持管理します。

お住まい側面、道路に面した花壇への植栽

ブルーベリーの配置 ブルーベリーを植栽
こちらの花壇は細長い形状で、窓にも面しております。
こちら側のメイン植栽としてブルーベリーを植え付けますが、枝を伸ばす特性上窓の前は避け、壁とのコントラストを楽しめる地に植栽致しました。
植木・外壁共にお互いによって、より綺麗に見えます。
植え付け作業は、堆肥を混合された赤土を客土しながら行います。
適度な保水性を持ち、土中の微生物も活発になる様にします。

ブルーパシフィックの寄せ植え マhニアコンフューサの寄せ植え
ブルーベリーの足元への直射日光を和らげる効果もあるブルーパシフィックをグランドカバーとして寄せ植えします。
ほふくした枝が将来的に花壇の外側へ伸びる姿を想定しております。
そのまま植栽は窓際のコンフューサの3本植えへと繋がります。
こちらの樹種であれば窓に接触しても被害はございません。
また、今回の植栽テーマであります濃緑も美しく、黄色の花の時期も楽しむ事が出来ます。

ギンバイカの寄せ植え
花壇の右端部、玄関側に近い部分には、玄関周りと同じくギンバイカを寄せ植えします。
玄関部と同種の植栽を施すことで、離れて眺めた際に違和感無く風景が繋がって見えます。
これにより植栽スペースが視覚的に横長に増幅され、結果お住まい周りを広く見せる事が出来ます。

植栽を終えた玄関・花壇の様子です

玄関周りの植栽風景 玄関に寄り添う植栽の緑
玄関周りは濃緑色に包まれ、風が吹けば枝が揺れる風景に。
フェイジョアは放任させ、柔らかくボリュームを増していくと良いでしょう。
遠くから眺めた植栽は、お住まいとの一体感を一層感じる事が出来ます。
低木ながら柔らかなボリュームの樹形を多用する事で出来上がった風景です。
お客様のご要望の通り、外壁の色彩との相性も良く仕上がったと思います。
柔らかさを演出するのは植栽のその時の向きも大事ですが、放任する事を念頭に置いた「骨格の向き」を意識する事も大切です。

こちらの施工例はお庭の施工例世田谷区F様邸 2ヶ所の花壇へ緑が溢れる様な植栽をにてご覧いただく事が出来ます。

今回はお客様のご要望よりヒントを得る事で、角地のお住まいならではの、植栽に包まれる様な風景が出来上がりました。
こちらは坂の上に位置し風の抜けも良い立地ですので、植栽も健やかに育つと思います。
植栽のご提案は、お客様のお持ちになられる漠然としたイメージから始まります。
色、シルエット、そのご希望が立地的に適しているかなどのお話し合いを踏まえて形となっていきます。
ご依頼の際はご遠慮なくお伝えいただければと思います。

また、今回の記事につきましては、お客様に撮影いただいた写真も使用をさせていただきました。
この度は誠にありがとうございました。

それでは失礼致します。