O様邸のお庭は2件の隣家様に囲まれた立地になっており、既存のフェンスは高さ1m程の低い物が設置されておりました。
隣家窓はもちろん、外壁や住宅設備が接近した状態ですと、お庭の景観上も宜しくありません。

そこで今回はお庭作りと並行して、目隠しの樹脂フェンスを施工させていただきました。

L字型に囲う様に目隠しをする樹脂フェンス

L字型に囲う様に目隠しをする樹脂フェンス

目隠しフェンスとしてはスタンダードな高さであります1.6m程の設計になっており、L字型に隙間無く囲う形状になっております。
板材の隙間は最小の10mmに設計しており、目隠し効果も高くなっています。
フェンス自体が目立ち過ぎないシックなダークカラーを選択していますので、目隠し面積が広くなっても控えめな雰囲気を保っております。
日陰気味の環境ですと、目隠しフェンスのカラーを明るくしたくなるものですが、日陰には暗い色を選択しますと違和感無く馴染ませる事が出来ます。

 

植栽の小さな葉まで浮き上がらせるスクリーン効果

植栽の小さな葉まで浮き上がらせるスクリーン効果

樹脂フェンスのカラーをシックな物にしますと、細かな枝や葉もくっきりと浮かび上がるのがお解りいただけるかと思います。しっとりとした日陰の庭にぴったりと馴染み、植栽の無い空間部分も美しく際立ちます。
板材の隙間は10mm空いておりますが、隣地はほぼ視界に入る事が無く、十分な目隠し効果を発揮しています。

 

ソヨゴを植栽して目隠しを補充

ソヨゴを植栽して目隠しを補充

お庭には樹脂フェンスを設置したものの、フェンスが設置出来ない部分は目線を通してしまいます。
そこでこちらではソヨゴをフェンスの切れ目に植栽する事で、目隠しの補充をしております。フェンスの切れ目がはっきり見えてしまうよりも、この様に植栽でぼかしますと柔らかい印象の仕上がりになります。
フェンス自体を美しく引き立てる効果もございますので、植栽による目隠し補充を取り入れる事もおすすめです。

お庭部分の詳細につきましてはこちらにてご紹介を致しております。