hana1
玄関までのアプローチの花壇へ植木を植栽し、小さな庭と致しました。成長の比較的緩やかな品種を植栽し、アプローチとしての使い勝手を損なわない様に配慮を致しております。花壇の背後には目隠し対策として樹脂フェンスを施工しておりますが、こちらのフェンスのスクリーン効果によって、落葉樹の繊細な姿が浮き上がって見えます。

 

植栽は高低差を付け、お庭として奥行き感を感じる様に配置
こちらへの植栽用に吟味したヤマボウシはシンボルツリーとしての景観を担い、左流れの本株物をご用意させていただきました。周囲の風景や道路が見え隠れする程度に植栽を施す事で、視覚的な安心感も得る事が出来ます。フェンスや背の高い植木で日陰を作りだす事で美しい明暗を垣間見る事ができ、同時にお住まいまでの奥行き感を感じる事が出来ます。

 

対照色を近接させる植栽レイアウト
グランドカバー類は地面を覆うまで成長させます。 色彩はそれぞれ対照となる植木を近接させておりますので、見た目に鮮やかな印象となっております。 結実や花、紅葉等、全ての植木が一つの見どころを持っております。 

 

樹脂ウッドフェンスを設置する事で、お庭にプライベート感を
玄関より振り返ったお庭の眺めです。 傾斜のある通路ですが二か所の樹脂ウッドフェンスは高さを水平に揃えております。 構造物にきちんと一体感を出す事で、お庭全体に統一感を得られる事が出来ます。

こちらの施工例の様に、花壇に植木を植栽するという作業だけでも、レイアウトによって小庭と呼べる空間を作り上げる事が出来ます。 こちらのお庭で重要でありますのは、やは植木の輪郭をクッキリと浮き上がらせる背景の樹脂ウッドフェンスではないかと思います。 冬季の落葉樹は葉を落としてしまいますので、 そちらを考えますとやはりお庭の目隠しスクリーン(フェンス)は有効な施工であるといえます。

入り口にやや覆いかぶさる様な樹形のヤマボウシは自然味を、グランドカバーやトキワマンサクのカラーリーフはお住まいに明るさを添えてくれます。 端正な樹形を選んだソヨゴも、お住まいに整然とした高級感を与えてくれます。