坪庭施工前のバルコニー

坪庭施工前のバルコニー

ご依頼を受けましたのは目黒区タワーマンションのバルコニーでの小庭作りです。
タワーマンションにおきましてはバルコニーは物干し場としてのスペースとして使いにくい場合が多く、むしろ室外機置場としての位置づけが多いです。
そこで今回はこちらの小スペースを和風の小庭として活かす事となりました。
現状復帰も可能な工法にて施工を致しております。

 

こちらのバルコニーの坪庭製作にあたりましては、
■ 垣根を低く構える事で、お部屋奥から眺めた時に、奥行き感を出す事を。
■ 鉢植えでも維持しやすい低木や、日陰に強い植木選び。
■ 防根・防汚シートを施工し、屋上緑化用の軽量土に保水性の材料を混合。
この様な工夫の元、施工をさせていただきました。

バルコニーを坪庭デザインによって優美な空間に
夜景のとても綺麗な立地ですが、和風の小庭との引き立ち合いも、大変美しい事と思います。 お部屋のフロアーと小庭の伊勢砂利敷きとの段差がほとんどありませんので、バルコニーがお部屋の一部の様なお庭となりました。 垣根の低さとのバランスをとる為、灯籠は置き型である玉手灯篭を使いまし た。 土留めの縁石は御影石、庭石組みは鳥海石とさせていただきました。乾燥に強いコニファーを和風に見立て、斑入りアオキが庭に明るさをプラスしてくれております。
ワンポイントに据えた睡蓮鉢が、一層坪庭の風情を高めてくれます。