小さな花壇へ植えた木を更に引き立てる自然石や低木類の数々。花壇という限られた空間におきまして、自然素材それぞれを効果的に配置したデザインによって坪庭風の風情を演出させていただきました。
面積は小さくとも表玄関の左右という重要な位置付けから、顔となるに相応しい坪庭風のデザインをさせていただく事となりました。

モミジが迎える玄関両脇の坪庭
八角部屋様表玄関左右に配された花壇スペースを小庭の舞台として活用致しました。
左右のモミジは玄関に向かって互いに傾き合う植栽とし、玄関周りの小庭が訪れるお客様を迎え入れる様な雰囲気を出しております。
お庭の構成と致しましては2つの坪庭空間が表玄関を包み込むデザインとなっております。

 

黒玉砂利と植栽を分ける坪庭デザイン
花壇の切れ目付近は植栽をせず、黒砂利を敷き詰める事で凛とした印象に。 明るすぎない様に見せる砂利ですが、こちらにはさりげなく光沢加工を施した黒砂利を使用し、いつでも水撒き後の様な美しさを見せてくれます。 モミジに添えるマホニアコンフューサ・サツキ以外は、庭石と下草類のみで全体を仕上げた、シンプルな坪庭風デザインとなっております。

 

自然石に添えられるヤマモミジの枝葉
モミジの葉と庭石、下草と砂利。自然素材をそのまま組み合わせて見せる事で、どの様な加工品よりも美しい景観を作り出す事が出来ます。 どんな小さなスペースでも「生きている庭」をご提案させていただけます。
こちらのお庭づくりの様子につきましてはお庭づくりブログ-東京八角部屋様造園工事-左右の花壇を活かした坪庭風作庭の様子にてご覧戴く事が出来ます。