玄関に設置された大きな窓から見える位置へ、坪庭風デザインを施したお庭を施工致しました。
背後の塀を目隠しするのはメンテナンス不要な人工竹垣です。和風の庭のスクリーンとしても活躍する人工竹垣はその風情を全体へ醸し出す事から、植栽を必要最低限の数にして庭へ空間美を取り入れる事が出来ます。

坪庭部は窓から距離を取って施工しており、玄関への採光に影響が出ないように考慮しております。

玄関窓の坪庭を作庭する様子

背景の人工竹垣の設置~低木類の植栽を行う様子

 

玄関の窓から見るシンプルな坪庭完成した小庭の様子です。

毎日窓越しに眺める空間だからこそ、シンプルで上品な空間にしたいものです。

垣根で明るくした坪庭からの採光は視覚的にも明るくなり、少ない植栽でも緑が色鮮やかに見える様になります。

垣根が主役のこちらの坪庭では、中心に立ち木を植栽する事は避け、左右から僅かに見える配置とし、あくまでも垣根の切れ目をぼかす役割にとどめております。
柱隠しとして、アラカシとシマトネリコを配置しております。
灯篭はもちろん、低木、下草、庭石共になるべく低く抑えて圧迫感を無くし、常に見下ろしてあげる様な坪庭デザインとなっております。