造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。

常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス)

ホンコンエンシスはミズキ科・ミズキ属の常緑樹ですが、寒さに弱い面を見せる事が多く、関東におきましても植栽場所によっては半分~全部の葉を落とす事があります。

葉色が明るく黄緑~赤味までがやや入り混じった印象を受け、洋風の庭に似合う植木でもあります。

樹姿そのものは植木屋の観点から申しますとハナミズキに良く似ており、剪定時もハナミズキの剪定の様なポイントが多く見られます。

ホンコンエンシスの雰囲気

ヤマボウシの名で呼称される様に、花はヤマボウシと非常に良く似ております。
月光という品種は花が小さく人気もあります。

常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス)
可憐ながら野趣も感じられる常緑ヤマボウシの花。鮮やかな葉と共演する様が美しいです。
開花は6月頃で、花持ちが良い事も魅力の一つです。

 

お庭での生育傾向

常緑ヤマボウシは日当たりの良い場所を好み、暗い部分や下部の枝を枯らす傾向が強いです。
この為植栽をする場合は周囲に遮るものが無い明るい場所を選ぶのが良いでしょう。

植栽時は小さかった葉も、根付くにつれて葉が大きくなる傾向があります。
特に半日陰などでの植栽は顕著に表れ、自らに陰をつくってしまう事があります。

常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス)の枝

毎年徒長する走り枝が伸びる傾向があり、伸びるのは意外と早いです。
ですが後述の剪定にて切り戻しをしやすい樹形をしておりますので、枝は自然に整理する事が可能です。

木の上部が重い割に根が柔らかい特性があり、これは強風で倒れる原因ともなります。
倒れないにしましても上部が強風で揺らされることによって細かい根が切れる事があります。大きいサイズの常緑ヤマボウシを植える際は風留め処置などを施しておく事をお勧め致します。

 

お勧めの植栽方法

ホンコンエンシスが最も多く植栽されるケースはシンボルツリーではないでしょうか。
背も自然に高くなる植木ですので、単一植栽で目立たせるにはシンボルツリーが適していると思います。

シンボルツリーとして植栽された常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス)

一本植えでも葉に様々な色味がある事から、十分に賑やかな風景を演出してくれます。

 

こちらの施工例では予め設けられておりました花壇の中へ造園を施した際に、中央部分へ常緑ヤマボウシ(ホンコンエンシス)を植栽しております。左右にソヨゴやオリーブも添えてはおりますが、中央の常緑ヤマボウシは一際目立っており、シンボルツリーとしての存在感を放っております。
花壇の中へシンボルツリーの植栽と2つに分けた花壇を設置-柏市S様邸
花壇の中へシンボルツリーの植栽と2つに分けた花壇を設置-柏市S様邸

 

お庭での剪定・メンテナンス

先述の様に常緑ヤマボウシの伸び方はハナミズキと良く似ており、洋風の植木としては整姿がしやすいと言えます。

ハナミズキは単幹ものが主流ですが、常緑ヤマボウシは株立ちものも多く流通しています。
ですのでハナミズキよりは剪定の手数が掛かりますが、一度伸びた部分自体を綺麗に外す事ができ、剪定を終えた姿を自然に見せる事が出来ます。

常緑ヤマボウシは横方向へ繰り返し枝分かれをする傾向があります。
枝分かれの中に必ずよく伸びる一枝がありますので、それを分岐点より綺麗に外す剪定が一般的です。

同時に、外側ではなく内側へ向かう枝は幹から外してしまう事をお勧めします。
常緑ヤマボウシは内側で密生した枝を枯らしやすい為、予め外しておく事で日光を万遍なく届かせる事が出来ます。

お庭づくりのご依頼・お見積もり専用ダイヤル TEL 047-337-6326 お電話お受け付け時間 9:00~20:00

PAGETOP