MENU
造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。

MENU

ヤマボウシ

園路に植栽したヤマボウシ

ヤマボウシは里山の風情を感じられる落葉樹であり、造園や庭づくりの際は高木の位置付けの元に植栽を致しております。

手付かずの自然を身近に感じられる樹形が魅力であり、ある程度の広い場所での植栽に適しています。

流通するヤマボウシは圧倒的に株立ち樹形のものが主流であり、仲間であるハナミズキと異なる姿に見えます。
風に揺れる様な樹形を維持する為にも、枝透かしを主体とした剪定で、高さ3m~で管理したい植木です。

ヤマボウシの基本データ

  • 科名と属名 ミズキ科・ミズキ属・ヤマボウシ亜属
  • 学名 Cornus kousa
  • 英名  Kousa dogwood
  • 別名 ヤマグワ ヤマボウ コウサ
  • 落葉広葉樹 小高木
  • 開花期 5月~7月
  • 花色の種類 白 ピンク
  • 実の収穫期 10月~11月
  • 原産地 東北以南の日本 中国 朝鮮半島
  • 用途 シンボルツリー 雑木の庭やナチュラルガーデンへの植栽

下でもご紹介をしておりますが、花の形を頭巾を被った僧に見立てた事が、山法師(ヤマボウシ)の由来となっています。

ヤマボウシの常緑種としてヒマラヤヤマボウシやホンコンエンシスがあり、庭木として主に流通するのはホンコンエンシスとなります。

 

ヤマボウシの特徴

ヤマボウシは野趣を感じられる雑木類として庭木に使われる落葉樹であり、梅雨時期の白花や秋の紅葉を楽しむ事が出来ます。

また、別名であるヤマグワと呼ばれる由来となった実は食用する事もでき、季節ごとに多くの魅力を持った庭木と言えます。

それではヤマボウシの特徴を見てまいりましょう。

ヤマボウシの葉

ヤマボウシの葉

ヤマボウシの葉

ヤマボウシの葉は長さ8~10cm程で、葉先は鋭利、葉脈が美しく見えるのが特徴的です。

環境にもよりますが葉は若干の光沢を感じられ、半日陰のヤマボウシは特に葉が美しく見えます。

品種:ミルキーウェイの葉

ヤマボウシにはややクリーム色の花を咲かせる品種、ミルキーウェイがありますが、伸び方や葉の雰囲気も異なります。

ヤマボウシ「ミルキーウェイ」の葉

ヤマボウシ「ミルキーウェイ」の葉

ミルキーウェイの葉は特別肉厚という程ではありませんが、通常のヤマボウシの葉よりも丈夫な印象です。
やや光沢感があり、葉脈がよりハッキリとして見えるのが特徴です。

枝は縦方向へ伸びやすく成長も旺盛であり、「カット」の様な切り戻し剪定に対しての吹き返しが強い傾向があります。

これは樹形を崩しやすいとも言える特徴ですので、注意が必要です。

斑入り葉種:ウルフアイ

斑入りヤマボウシ:ウルフアイの葉

斑入りヤマボウシ:ウルフアイの葉

ヤマボウシには、葉の外側が白くなる斑入り葉の品種もあります。

これはウルフアイと呼ばれる品種で、落葉樹でありながら洋風味を感じられる庭木として特に人気です。

ウルフアイは葉数が多い為に枝振りがほとんど見えない事が多く、とにかく葉の明るいカラーを楽しむといった方向性の庭木と言えます。

 

ヤマボウシの幹

ヤマボウシの幹

ヤマボウシの幹

株立ち樹形が圧倒的に多いヤマボウシですが、その細い数本の幹は生育するとこの様に太くなっていく事を想定しておきましょう。

ヤマボウシの幹は滑らかと言いますよりはざらざらとした手触りであり、地衣類によって斑模様が付く事があります。
アオハダアオダモは縞模様となる事が多いのですが、ヤマボウシの場合は斑点状が多く見られます。

幹の色は灰色であり、この色は日向・日陰の環境にはあまり影響を受けない様です。

 

ヤマボウシの花

ヤマボウシの花

ヤマボウシの花

5~7月に開花するヤマボウシの花は、花期もやや長く楽しめます。
ヤマボウシの花はハナミズキと同様に、花の元からの「総苞」が花びらの様に見える構成となっており、花そのものは中央に小さい球状にまとまって咲いています。

尚、この中央の小さな花の集合体を僧の頭、白い総苞を頭巾に見立てた事が、山法師という名前の由来となっています。

ハナミズキの花との違い

ハナミズキの花は苞の先端に丸みがある

ハナミズキの花は苞の先端に丸みがある

花びらの様に見える苞の先端が尖っているヤマボウシに対して、ハナミズキの花の苞は明らかに丸み掛かっており、先端は窪んだ形になっています。

開花時期にも見られる違い

ハナミズキの花が春の新葉展開前に開花をし、花の色付きと共に後から葉が出てくるのに対し、ヤマボウシは初夏に既に葉が茂った中に花を付けます

既に青々と葉が茂った中に白い花を咲かせる為、ヤマボウシの方が野趣ある姿に見え、里山の様な風情が感じられます。
ですので、ナチュラルガーデンの中の雑木植栽といったシチュエーションでは、ヤマボウシの方がマッチするとも言えます。

ヤマボウシであれば、山歩きの際に花を見付けた様な雰囲気を、お庭の中で感じる事が出来ます。
この様に自然な白花を楽しめる雑木としてはエゴノキも似た魅力を持っています。

白花の他に紅花種のヤマボウシも存在しますが、ナチュラルガーデンや自然風の庭などでは可憐な白花の方を植栽する事が多いです。

園芸品種:ミルキーウェイの花

ヤマボウシ「ミルキーウェイ」の花

ヤマボウシ「ミルキーウェイ」の花

ミルキーウェイは開花時の緑色から段々とクリーム色へ変化していくのが特徴で、花数を多く付ける園芸品種として取り扱われます。

園芸品種でありますが庭木サイズの流通も非常に多く、手に入れやすい庭木でもあります。

しかし成長力が強い事は踏まえておく必要があり、広い場所でたくさんの花を咲かせたい場合にはおすすめが出来ます。

ヤマボウシには紅花の品種も

ヤマボウシには白花だけではなく、薄紅色の花を咲かせる園芸品種があります。

サトミ・紅富士等の紅花ヤマボウシも

紅花ヤマボウシ(写真は紅富士)

元々ヤマボウシには花の総苞片が薄いピンク色になる「ベニヤマボウシ」があり、この木から選抜・開発された二種「サトミ」「紅富士」が紅花品種として流通しています。

サトミは紅色の総苞片が丸み掛かっているのが特徴で、非常に可愛らしい印象であり、紅富士は総苞片が通常種と同じく剣型で尖っており、野趣を残したまま紅色に染まって印象を持ちます。

どちらの紅花品種も良い発色の為には良く日光に当たる事が良いとされています。

 

「ヤマグワ」の異名を持つ食用可能なヤマボウシの実

ヤマボウシは主に自然樹形や花の可憐さが特徴ですが、食用も可能な独特の実も見どころです。

色付く前の青々としたヤマボウシの実

色付く前の青々としたヤマボウシの実

花が終わって実が確認出来る様になった7~8月頃のヤマボウシです。

ヤマボウシの実はすぐに大きさ2cm前後まで大きくなり、ここから2か月程を掛けて徐々に熟し、色付いていきます。

ヤマボウシの実は色付いていく様にも美しい変化が見られ、花にも負けない季節感を鑑賞する事が出来ます。

やや熟した実は黄色く美しい

やや熟した実は黄色く美しい

青かったヤマボウシの実は早い内に黄色く色付き、実の存在が認識しやすくなってきます。

ヤマボウシの実は熟していく過程で、個体差を生じながら緑→黄色→オレンジ→赤という具合に色付いていきます。

しかし私見では日当たりの良い場所ですと黄色い期間が無い、もしくは短い様で、青から徐々にオレンジへ変化する事が多く思います。

幾つかの実が熟したヤマボウシ

幾つかの実が熟したヤマボウシ

完全な球体である実は10~11月頃には完熟し、真っ赤な色付きを見せます。
食用可能なヤマボウシの実は、甘い味と食感から「山にあるクワの実」という例えもされ、ヤマグワと呼ばれる事もあります。

実の利用方法は生食の他、ジャムやドライフルーツに加工する楽しみ方もあります。

果実としては可食部分が少ないのですが、甘い味が楽しめるだけではなく、ヤマボウシの実は鑑賞価値も高いと思います。

尚、同じく実が食用可能でナチュラルな雑木としてはジューンベリー(アメリカザイフリボク)もおすすめ出来ます。

 

ヤマボウシの紅葉

ヤマボウシの紅葉はとりわけ特徴として挙げられる機会が少ないものの、均整の取れた樹形が色付いた様は大変に美しいものです。

ヤマボウシの紅葉

ヤマボウシの紅葉

横枝が自然に伸びた様な樹形を保っていますと特に紅葉が美しく映え、山の風景を見ている様な感覚になります。

色付きは黄色から赤へ変わっていく3段階を踏まえますが、私個人的には黄葉~紅葉の中間辺りが最も風情を感じます。

住宅地においては紅葉具合が環境によって異なってしまいますが、夏場に乾燥が続かない様に管理をする等、美しい紅葉の為に出来る事はあります。

水遣りの他、夏の強い日光にあたりにくい場所を選んで植栽するか、基本ですが夏場は剪定を避けて葉を充実させておき、自らの木陰で葉焼けを防ぐ様にする事もおすすめです。

 

常緑種「ホンコンエンシス」との違い

ヤマボウシの常緑種として、ホンコンエンシスという庭木があります。

ホンコンエンシス(常緑ヤマボウシ)

ホンコンエンシス(常緑ヤマボウシ)

ホンコンエンシスは関東でも冬季に半分程の葉を落とす事がありますので「半常緑性」という解釈が正しいのですが、上の写真の様にヤマボウシよりもしっかりとした葉を持ち、洋風の庭木としておすすめが出来ます。

当然ながら花もヤマボウシと良く似ておりますが、枝の形状や成長に着目しますとハナミズキと共通する点が多く見られます。

詳しくはホンコンエンシス(常緑ヤマボウシ)の特徴と植栽実例解説をご参考下さいませ。

 

ヤマボウシの庭での生育傾向

ヤマボウシの好む土壌は、水捌けのよい適湿で肥沃な土壌です。
やはり山の木らしく、山の林床の様な環境を好む事がわかります。

しかし庭植えでも難しい事はなく、赤土ベースに腐葉土を入れて調整し、樹皮堆肥なども加える事で山の土に近づける事が可能です。

生育につれて大きくなる葉

ヤマボウシは伸びが大人しいと紹介される事も多いのですが、作庭・剪定に関わっておりますと生育は旺盛な部類に属するイメージがあります。

まず、植栽するにお庭へ搬入した際の姿と異なってくるのが葉の大きさです。
植木は流通している際は根を切られ続けてコンパクトに作られている為、ヤマボウシに限らず特に落葉樹は葉が小さくなった状態で取引される事も多いです。

植栽直後のヤマボウシ

上の写真は植栽直後のヤマボウシを施工例として撮影したものですが、根が張るに連れて葉は大きくなります。
特に日陰気味の場所へ植栽されたヤマボウシはその傾向が顕著に表れ、植栽時の倍近い大きさの葉になる事もあります。

この特性から、庭木としてヤマボウシを維持するにあたり、枝の数を減らすという剪定が必須となってまいります。
徒長枝はもちろんの事、植栽の際にも内側へ向いた枝を取り外しておく事もあります。
雑木類はボリュームがあった方が木が立派に見える為にそのまま植栽される事が多いのですが、庭という環境での生育に備えて手を加えておく事も大切です。

ある程度の日陰でも育つ特性

日陰に佇むヤマボウシ

日陰に佇むヤマボウシ

ヤマボウシは明るめの日陰であれば、雰囲気を損なう事なく生育をしてくれます。
雰囲気は変わりませんが、葉の数が少なくなり、下部の枝も少なくなります。また、日光を多く取り入れられる様に葉の大きさが大きくなる傾向が現れます。

背丈や幅を無理にカットする事をしなければ、シェードガーデンの雑木らしく柔らかな美しさを見せてくれます。
同じシチュエーションですと、アオダモもおすすめな庭木となります。

夏の直射日光による葉焼けに注意

ヤマボウシは夏場の直射日光により葉がひどく焼けてしまう事があります。
この様な環境にやむを得ず植栽をする場合は、枝葉がいくらか密生していた方が自らに日陰を作って保護する事に繋がりますので、やはり横方向への枝を自由に伸ばしてあげられる事が大切となります。

例外の樹種もありますが、多くの落葉樹は幹や根元に強い直射日光が当たるのを嫌いますので、ヤマボウシの場合は自由に生育をさせる事で、その大きめの葉を活かして自らの木陰を作ってあげる事が出来ます。

ヤマボウシは葉が大きい為に「葉焼け」を起こしてしまった際に非常に目立ってしまいます。
ですが葉焼けを起こしても枝枯れを起こすまでは被害が進行しない事もあり、この場合は落葉~新葉展開によって新たな綺麗な葉へ入れ替わる事となります。
ヒメシャラやナツハゼ、コハウチワカエデ等は葉焼けがそのまま枝枯れに繋がるケースが実に多い為、特に注意が必要です。

 

ヤマボウシをシンボルツリーに

シンボルツリーとしてのヤマボウシ

シンボルツリーとしてのヤマボウシ

ヤマボウシをシンボルツリーとして植栽するのも魅力的ではありますが、山の木としての風情をそのままお庭へ持ち込みたい植木ですので、枝詰めが頻繁に必要となる場所は避けたいものです。

常に歩行されるアプローチ沿いやお車に近い場所、道路境界付近への植栽をしますと常に幅を詰める「カット」が必要となってしまいますのでお勧め出来ません。
ヤマボウシは単純な「カット処置」による樹形の崩れ・反発的な伸びを起こす傾向がとても強い為、不要な枝は可能な限り元から外す事を心掛けます。

そのナチュラルな樹形をお住まいに添えるシンボルツリーとしての植栽はもちろん、ヒメシャラジューンベリーと共存させて自然風の庭を演出する事にも適しています。

 

アプローチで出迎えるシンボルツリーに

ヤマボウシを出迎えのシンボルツリーに

ヤマボウシを出迎えのシンボルツリーに

左右対称に近い樹形が多いヤマボウシですが、植える場所や演出に合わせて、この様に片側に傾いだ樹形をシンボルツリーとして植栽する事も多くあります。

表情を与えられたヤマボウシはお出迎えのシンボルツリーとしてマッチし、お住まいの入り口を優しく演出してくれます。

特にこちらの場合は周囲に低木類を寄せ植えしておりますので、少々の野趣も感じられる植栽デザインとも言えます。

ヤマボウシなら自然で優しいシンボルツリーに

ヤマボウシなら自然で優しいシンボルツリーに

こちらもアプローチで出迎えるシンボルツリーとして、ヤマボウシを植栽しています。

こちらのヤマボウシは樹高が3m以上のクラスとなり、樹形そのものも落ち着いた印象を持っています。

この規格のヤマボウシとなりますと成長も若木に比べて緩やかになり、頻繁に枝詰めを行ってしまう様な事も避けられます。

樹高があっても圧迫感を感じさせずむしろ優し気な印象となりますのは、やはりヤマボウシの持つナチュラル感の賜物かと思います。

 

尚、ヤマボウシに限らずシンボルツリーをお選びされている方は、シンボルツリーの選び方とおすすめ樹種についてのページもご参考いただければと思います。

 

均整の取れたヤマボウシは和風シンボルツリーにも

和風シンボルツリーとしたヤマボウシ

和風シンボルツリーとしたヤマボウシ

枝透かしを主とした剪定で維持したヤマボウシは自然な風格を保ち、和風のシンボルツリーとしての存在感も持ちます。

ヤマボウシやエゴノキは左右均等のバランスを持った樹形になりやすく、放任しておいてもこのバランスは保たれます。
バランスは保持したまま枝抜きを程よく行う事で健康を保ち、自然なシンボルツリーとして維持したいものです。

 

ヤマボウシの雑木らしさを活かしてナチュラルガーデンに

ヤマボウシはシンボルツリーとして単体で植栽する他、ナチュラルガーデンの1キャストとしてデザインの中へ溶け込ませる事にも向いています。
しかしながらヤマボウシは樹形が左右均等で整っている場合が多いので、他種雑木との抱き合わせ、寄せ植えを行うと違和感を生んでしまう事があります。

ナチュラルガーデンの中のヤマボウシ

ナチュラルガーデンの中で独立植栽したヤマボウシ

ですのでナチュラルな植栽と言えども、ヤマボウシの場合は写真の様にあくまでも独立したレイアウトとし、周囲を自然素材で馴染ませると良い雰囲気となります。
ヤマボウシは自然に樹形を乱さず幅が広くなっていく為、なるべく周囲を木で遮蔽しないレイアウトがお勧めとなります。

ヤマボウシはあまり多くの庭木を植える事が出来ない様な、小さなナチュラルガーデンに向きの雑木とも言えるでしょう。

 

ヤマボウシを植栽した庭づくりの一例

こちらでは、ヤマボウシを主な植栽として庭づくりを行った事例をご紹介致します。
施工例のページへ移動しますので、併せましてご参考下さいませ。

花壇の中へシンボルツリーとしてヤマボウシを植栽する

こちらの施工例では花壇の中をあらゆる植木で植栽レイアウトを施しておりますが、道路からの入り口となる部分へメインとなるヤマボウシを植栽しております。アプローチに向けて傾いだ様な樹形のヤマボウシをお探しして植栽しており、木々の下を歩く様な気持ち良さを感じていただけます。
樹脂フェンスと植栽で花壇が小さな庭に-花見川区A様邸
樹脂フェンスと植栽で花壇が小さな庭に-花見川区A様邸

 

ヤマボウシを他種の雑木と組み合わせて自然風景を作る

こちらの施工例はアプローチから一段上がった構造の花壇の中へ雑木植栽を施しており、それぞれの周囲に余裕を持たせたレイアウトとなっています。
ヤマボウシはヒメシャラ等他種の雑木類と並ぶ様に植栽しており、頭上で枝葉を感じられる構成です。
限られた空間で雑木の自然な木立を楽しむ洋風の庭-葛飾区M様邸
限られた空間で雑木の自然な木立を楽しむ洋風の庭-葛飾区M様邸

 

ナチュラルガーデンの立役者としてヤマボウシを植栽する

こちらの施工例では日陰のナチュラルガーデンへヤマボウシを植栽しております。
背後は樹脂フェンスを施工しておりますので冬季の落葉時もヤマボウシのシルエットが浮かび上がります。
立ち木はヤマボウシとソヨゴの2本構成となっており、お互いの間は空間を設けて健全な生育に重きを置いております。
リビングダイニングから眺める小さなナチュラルガーデン-柏市S様邸
リビングダイニングから眺める小さなナチュラルガーデン-柏市S様邸

 

ヤマボウシの剪定

ヤマボウシは植栽後に成長しながら自然と樹形は整う為、状況に合わせて枝の間引きを行う剪定を基本としております。

環境やその木の傾向により、どこからの枝が徒長するかを予測するのは難しいので、混んできた部分は枝元から切る様に間引きをする事になります。
ヤマボウシの小枝は横方向へハナミズキの様な枝分かれをしていきますので、剪定ポイントとなる分岐点を探すのは容易です。

ヤマボウシの枝の分岐点

ヤマボウシの枝の分岐点

ですが分岐点で枝数を減らしていても木が太っていく傾向がありますので、ある程度小枝も育ったところで小枝毎の枝減らしも行う事があります。
つまりますところ、出来るだけ細い小枝は切らず、あくまでも数を減らすという剪定が理想です。

この様な剪定では維持できない場所へ植わっております場合は、ハナミズキと同様に分岐点での間引きを行って大きさを維持する剪定を行います。
その際は繰り返しの間引きによって太ってしまった枝を見つけ次第外し、少しでも剪定後の姿が柔らかく見える事を心掛けます。

幅を小さくせざるを得ない場合の剪定事例

ヤマボウシは幅をなるべく小さくしたくない雑木です。
全体的に樹形を乱さず自然に大きくなる木であり、「詰める」剪定を加えると非常に見た目にも解りやすい変化が生じてしまいます。

切り戻し剪定を行ったヤマボウシ

切り戻し剪定を行ったヤマボウシ

ヤマボウシの幅を詰める為に切り戻し剪定を行った例ですが、この場合は枝分かれの分岐点を主にカットする事が必要です。
小枝の無い箇所でのカットは直ちに強い枝の発生を誘発し、カット点から明らかに樹形の流れが変わります。
自然な樹形とは横向きの細い枝で構成されるものですので、剪定後に強い縦方向の枝を発生させない様に心掛けます
分岐点での剪定を心掛け、幹回りの枝を透かして全体を軽く仕上げると写真の様になり、イメージとしては横幅が広く柔らかいハナミズキといった樹形となります。

大枝のみを取り払う、強めの更新剪定

強めの更新剪定をしたヤマボウシ

強めの更新剪定をしたヤマボウシ

かなり放任年数が長いヤマボウシの場合でも、懐の小枝が枯れずに残っている場合は更新剪定を行う事が可能です。

写真のヤマボウシに付いている細かい枝葉は全て「手を付けずに残した」ものであり、外したり切ったりしたのは大枝のみとなります。

細かな枝を手付けずに残す事が出来ますと、この様に幅を小さくしながらも柔らかな樹姿を残す事になります。

細かく柔らかい枝が多く残れば、切り口から徒長枝が飛び出してくる「吹き返し」も起こらず、美しい再成長をさせる事に繋がります。

 

ヤマボウシの害虫:イラガ(毛虫)の発生に注意

ヤマボウシはイロハモミジやハナミズキと同様に、人へも害があるイラガの発生が懸念されます。
不用意に葉に手を触れた際、手の甲や腕を刺されてしまう事が多く、夏は葉に食害が無いかよく観察する事が必要です。
イラガは発生したてですと非常に小さく密集しており見付けるのが困難ですが、食害をしながら大きくなりますので葉の観察が大切となります。
イラガは葉の食べ残しや葉脈だけを残したりする事が多く、葉さえ観察していれば気づく事が出来ます。
葉脈だけ残された葉は遠くから見ると白い葉に見えます他、木の下へフンが多く落ちる様になります。
見付けた際は手を触れず、速やかに全体へ殺虫剤散布を行う事がおすすめです。

 

ヤマボウシで注意したい病気:うどんこ病

日陰環境においてもある程度適応してくれるヤマボウシですが、日陰かつ風通しが悪い場所ですと、やはりハナミズキと同じくうどんこ病を発症する事があります。
ヤマボウシは葉が大きい為にうどんこ病にかかった際の景観が非常に悪くなります。

対策としては、簡単にそのまま撒く事が出来るスプレータイプの殺虫・殺菌剤のGFオルトランCがおすすめですが、ヤマボウシは背が高い場合が多く、スプレータイプではコストも掛かってしまいます。

樹木全体への散布としては、私共も使用するSTサプロール乳剤等の希釈して使用する殺菌剤が適しています。
しかし目線よりも上への農薬散布は慣れない方ですと危険も伴いますので、お近くの業者様への依頼もご検討されるのが良いでしょう。

 

ヤマボウシのポイントまとめ

ここまでご紹介をしてまいりましたヤマボウシですが、おすすめ出来るポイントと注意したいポイントをまとめます。

おすすめなポイント

  • 美しい葉と白花を楽しめる
  • 食用出来る実や紅葉も楽しめる
  • 自然かつ均整の取れた樹形が美しい

注意したいポイント

  • 自然な姿を維持するには放任も必要
  • 誤った剪定を行うとすぐに樹形が硬い印象に変わる
  • 毛虫(イラガ)やうどん粉病等の病気に注意が必要

 

ヤマボウシのご紹介でしたが、如何でしたでしょうか。

ヤマボウシはナチュラルなシンボルツリーとしてはもちろん、寄せ植え等も必要とせずにナチュラルガーデンを構成してしまう魅力もあり、造園・庭づくりにおいては頼れる雑木と言えます。

日陰に1株のヤマボウシを添えて、足元は宿根草を楽しんでいただくなど、シンプルなガーデン作りも可能となりますので、ぜひご検討されてみては如何でしょうか。

お庭づくりのご依頼・お見積もり専用ダイヤル TEL 047-337-6326 お電話お受け付け時間 9:00~20:00

お見積もりご依頼メールはこちらから
 

庭デザイナー・作庭家として
 

新美園インスタグラムアカウントはこちら

お庭づくりのビフォーアフター

お庭が出来るまで【造園施工の様子】

PAGETOP