造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。

ヤマボウシ

ヤマボウシはミズキ科・サンシュユ属の落葉樹で、造園や庭づくりの際は高木の位置付けの元に植栽を致しております。

手付かずの自然を身近に感じられる樹形が魅力であり、ある程度の広い場所での植栽に適しています。

園路に植栽したヤマボウシ

流通するヤマボウシは圧倒的に株立ち樹形のものが主流であり、仲間であるハナミズキと異なる姿に見えます。
風に揺れる様な樹形を維持する為にも、枝透かしを主体とした剪定で、高さ3m前後で管理したい植木です。

ヤマボウシの花

ヤマボウシの花

ヤマボウシの花はハナミズキと同様に、花の元からの葉が花弁に見える構成となっており、この為花期が長く梅雨時期を彩ります。

ハナミズキは落葉期に花を咲かせるので花が目立ちますが、ヤマボウシは茂った葉の中に花が存在する為、野趣を感じられる雰囲気となります。

白花の他に紅花ヤマボウシも存在しますが、ナチュラルガーデンや自然風の庭などでは可憐な白花の方を植栽する事が多いです。

 

お庭での生育傾向

ヤマボウシは伸びが大人しいと紹介される事も多いのですが、作庭・剪定に関わっておりますと生育は旺盛な部類に属するというイメージがあります。

生育につれて大きくなる葉

まず、植栽するにお庭へ搬入した際の姿と異なってくるのが葉の大きさです。
植木は流通している際は根を切られ続けてコンパクトに作られている為、ヤマボウシに限らず特に落葉樹は葉が小さくなった状態で取引される事も多いです。

植栽直後のヤマボウシ

上の写真は植栽直後のヤマボウシを施工例として撮影したものですが、根が張るに連れて葉は大きくなります。
特に日陰気味の場所へ植栽されたヤマボウシはその傾向が顕著に表れ、植栽時の倍近い大きさになる事もあります。

この特性から、庭木としてヤマボウシを維持するにあたり、枝の数を減らすという剪定が必須となってまいります。
徒長枝はもちろんの事、植栽の際にも内側へ向いた枝を取り外しておく事もあります。
雑木類はボリュームがあった方が木が立派に見える為にそのまま植栽される事が多いのですが、庭という環境での生育に備えて手を加えておく事も大切です。

出来れば避けたい夏の直射日光

ヤマボウシは夏場の直射日光により葉がひどく焼けてしまう事があります。
この様な環境にやむを得ず植栽をする場合は、枝葉がいくらか密生していた方が自らに日陰を作って保護する事に繋がります。

例外の樹種もありますが、多くの落葉樹は幹や根元に強い直射日光が当たるのを嫌いますので、ヤマボウシはその大きめの葉を活かして自らの木陰を作ってあげる事が出来ます。

 

お勧めの植栽方法

ヤマボウシは山の木としての風情をそのままお庭へ持ち込みたい植木ですので、枝詰めが頻繁に必要となる場所は避けたいものです。

シンボルツリーとしてのヤマボウシ

そのナチュラルな樹形をお住まいに添えるシンボルツリーとしての植栽はもちろん、ヒメシャラやジューンベリーと共存させて自然風の庭を演出する事にも適しています。

こちらの施工例では花壇の中をあらゆる植木で植栽レイアウトを施しておりますが、道路からの入り口となる部分へメインとなるヤマボウシを植栽しております。アプローチに向けて傾いだ様な樹形のヤマボウシをお探しして植栽しており、木々の下を歩く様な気持ち良さを感じていただけます。
樹脂フェンスと植栽で花壇が小さな庭に-花見川区A様邸
樹脂フェンスと植栽で花壇が小さな庭に-花見川区A様邸

 

お庭での剪定・メンテナンス

ヤマボウシは植栽後に自然と大きくなる姿を観察の上、状況に合わせて枝の間引きを行う剪定を基本としております。

環境やその木の傾向により、どこからの枝が徒長するかを予測するのは難しいので、混んできた部分は枝元から切る様に間引きをする事になります。
ヤマボウシの小枝は横方向へハナミズキの様な枝分かれをしていきますので、剪定ポイントとなる分岐点を探すのは容易です。
ですが分岐点で枝数を減らしていても木が太っていく傾向がありますので、ある程度小枝も育ったところで小枝毎の枝減らしも行う事があります。
つまりますところ、出来るだけ細い小枝は切らず、あくまでも数を減らすという剪定が理想です。

この様な剪定では維持できない場所へ植わっております場合は、ハナミズキと同様に分岐点での間引きを行って大きさを維持する剪定を行います。
その際は繰り返しの間引きによって太ってしまった枝を見つけ次第外し、少しでも剪定後の姿が柔らかく見える事を心掛けます。

 

お庭づくりのご依頼・お見積もり専用ダイヤル TEL 047-337-6326 お電話お受け付け時間 9:00~20:00

PAGETOP