MENU
造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。

ハナミズキ

ミズキ科・ミズキ属であるハナミズキは、優れた庭木として造園や庭づくりの材料として植栽をされてきました。

こちらでは庭木としてのハナミズキの魅力をご紹介・解説を致しております。

 

ハナミズキの基本データ

・科名と属名 ミズキ科・ミズキ属

・学名 Cornus florida

・落葉広葉樹 小高木

・原産地 北アメリカ

・別名 アメリカヤマボウシ

1912年(明治45)に桜の木をアメリカ・ワシントン市へ送った返礼として日本に。
現在も日比谷公園に原木が残る。

 

長く楽しめるハナミズキの花

全体的に開花するハナミズキの花

全体的に開花するハナミズキの花

ハナミズキの花びらに見える部分は葉が変形した「苞(ほう)」であり、この部分の色の違いで白・ピンク・紅などの花色が分けられています。
正確な花は苞の中央に位置していますが、とても小さくほとんど目立ちません。

ハナミズキの白花

ハナミズキの白花

ハナミズキの白花

クラウドナインという品種に代表される白花のハナミズキです。
経験上、白花のハナミズキは生育が旺盛で丈夫な傾向があり、小さな木から大きく育てたい場合にお勧めできます。
葉色も純粋な緑色をしており、徒長した枝も青色掛かって見えるのが特徴です。

ハナミズキのピンク~紅花

ハナミズキの紅花

ハナミズキの紅花

品種:アップルブロッサム等も該当するピンク花種のハナミズキは色鮮やかな花が魅力です。
咲き始めから徐々に色が濃くなり、それに連れて新葉が展開する為、段階的に異なる景観を楽しむ事が出来ます。

色付きと花数の変化

ハナミズキの花は開花後に徐々に色付いていく為、その年の気候によって「早咲き」を起こしますと、十分な色付きをしないまま花を終えてしまう事があります。

また、特にピンク・紅花のハナミズキは年によって花の数が異なる事が多く、これも前年の気候による所があると考えられています。
前年の夏季などに強い乾燥状態を経験すると花数が減る傾向があります。

 

ハナミズキの紅葉

ハナミズキの紅葉

ハナミズキの紅葉

花の魅力が代表的なハナミズキですが、適した環境に植えられ根も落ち着いた木の紅葉は美しく見事です。
イロハモミジの様に柔らかなディテールではありませんが、秋のハナミズキは整った形で凛とした紅葉姿を見せてくれます。
紅葉しやすく色も濃いのはやはりピンク~紅花品種であり、これらは通年やや赤味を帯びた葉色をしています。
夏の葉焼けや乾燥を避けられる場所へ植える事で、美しい花や紅葉も育てる事が出来ます。

続いてこれらの為の、ハナミズキの適応環境を考えてみましょう。

 

ハナミズキの適応環境

庭環境でのハナミズキ

庭環境でのハナミズキ

ハナミズキは比較的コンパクトな樹形が多く、ほとんどが一本幹の庭木として形作られています。
植える場所を最も選ばないで済む落葉樹であり、庭づくりの際の選択肢として必ず挙げられる庭木と言えます。
土壌は肥沃かつ適湿な場所を好みますので、植え付け時は腐葉土などで調整しましょう。

夏の葉焼け・乾燥に注意が必要

ハナミズキは花持ちや紅葉の発色を促進させる為に日向への植栽が推奨されてはおりますが、実際の住宅街の夏の日光は大変厳しく、道路や駐車場コンクリートからの照り返しが葉にダメージを与えます。

この為、ハナミズキの木を大事に育てる場合は、植栽場所として東~東南が適していると考えます。
強い日差しの季節でも午後になると陰となれば、長時間の直射日光を避けると同時に西日を回避する事も出来ます。
美しい葉を保つ為にもおすすめな植栽場所と言えます。

狭い庭への植栽に向くハナミズキ

一本幹でスリムな樹形のハナミズキは、一見して植栽が難しそうな場所へも植栽する事が出来ます。
特に紅花品種(チェロキーやサンセット)等は特に生育が緩やかな為、越境や壁の接触もしにくいのがメリットと言えます。

出来れば庭植え(地植え)に

極端な暑さと乾燥に弱いハナミズキは通常通り土中へ植える「地植え」に適しており、落葉樹に総じて言えますが乾燥の激しいプランターやコンテナ植栽には不向きとなります。

 

シンボルツリーとしてのハナミズキ

シンボルツリーとしてのハナミズキ

シンボルツリーとしてのハナミズキ

スリムな樹形を持つ落葉樹は貴重であり、ハナミズキはあらゆるお住まいでシンボルツリーとして植栽を行う事が出来ます。
シンボルツリーは建物の壁際、道路や駐車場付近、玄関周りであったりする事が多い為、スリムな維持できる庭木である程に適しています。

他の落葉樹と比べて枝葉の広がりも狭く控えめな印象ではありますが、整えられたオーナメントの様な佇まいを楽しむ事が出来ます。

シンボルツリーは花木が良いけど場所が…と困った時にも、ハナミズキであれば迷わず選択が出来ますので、植栽場所が限られる場合のシンボルツリーとしておすすめです。

 

庭の景観と馴染ませるハナミズキ

庭の景観に馴染むハナミズキ

庭の景観に馴染むハナミズキ

シンボルツリーとしておすすめなハナミズキですが、庭づくりの中の一本としても魅力的な庭木です。
四季それぞれの季節感をしっかり鑑賞できる点はもちろんですが、庭に点在させれば目立ちすぎない庭木として景観づくりに役立ちます。
ですが一本幹の樹形でありますので落葉樹同士でも寄せ植えには向かず、やはり独立した一本植えでの植栽が適していると言えます。

しかしハナミズキ同士を列植えする場合は非常に良い景観になります。
横方向へ伸びる枝が柔らかな壁の様になり、花や紅葉の時期は圧巻の美しさを見る事が出来ます。
この手法は主に社寺や面積の広い庭で見掛ける事があります。

 

ハナミズキで注意したい病害虫

長雨の梅雨が明けた際は湿度によるあらゆる病害虫に注意が必要ですが、ハナミズキにおいては特にうどんこ病に掛かりやすい傾向があります。
風通しの良くない場所への植栽では特に注意が必要ですので、葉が白く変色した箇所を見付け次第、殺菌剤を全体に散布する事が望ましくなります。

春から夏にかけてはアメリカシロヒトリやイラガなどの毛虫に注意する必要があります。
特にイラガは触れると人への被害も大きく、ハチに刺される様な感覚と症状を伴います。
食害が確認された場合も容易に触れる事をせずに観察の上、毛虫用の殺虫剤を夕方以降に全体散布する事をおすすめします。

 

剪定と肥料

ハナミズキは非常に剪定が行いやすい庭木と言えます。
いわゆる不要な徒長枝も分岐点から発生している事がほとんどで、切り口を目立たない様にしっかりと分岐点でカットすれば美しく維持できます。
既に花芽が付いて葉も落ちた12~3月が適期となりますので、その年に伸びすぎた枝を探して外してあげましょう。

施肥については植え付け時の元肥以外は、花後に置き肥・撒き肥を行う程度で十分となります。
化成肥料であれば匂いも気になりませんが、有機化成肥料や油粕等を与える場合は、肥料に薄く土を掛けておきましょう。
夏の終わりに肥料を与えてしまうと、紅葉が阻害される事があります。
花後のお礼肥に留める様にする事も大切です。

お庭づくりのご依頼・お見積もり専用ダイヤル TEL 047-337-6326 お電話お受け付け時間 9:00~20:00

お見積もりご依頼メールはこちらから

庭デザイナー・作庭家として

お庭づくりのビフォーアフター

お庭が出来るまで【造園施工の様子】

PAGETOP