造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。

ソヨゴ

ソヨゴはモチノキ科・モチノキ属の常緑樹で、お庭のあらゆる場所へ植栽する事が出来る植木です。

最も特徴的なのは秋に色付く赤い実と、特筆すべき生育の緩やかさです。

基本的にはやはりモチノキと共通する部分が多いのですが、良い意味であまり元気が良すぎない姿と雰囲気があり、葉は普段から下を向いて数も少ない為、元気が無いのではないかとご心配されるお客様もいらっしゃいます。

住まいに添えられたソヨゴ

その見た目の通り生育はとても緩やかで、特に株立ち物の場合はより緩やかです。
一本幹で構成される単幹物におきましては生育も通常ですが、子供となる細かな芽が多く、作為的でない自然な剪定を行う事が出来ます。

上の写真の様に赤い実が美しいですが、雌雄異株でありますので、雌木でなければ実を付ける事はありません。
樹形にもやや異なる点があり、雄木の方はやや硬い印象の生育をし、山の雑木感をしっかりと演出出来ます。

 

お庭での生育傾向

ソヨゴは生育面は緩やかで申し分なく、毛虫もほぼ付かない植木です。
土質が乾きやすい場所ですと植栽後にゆっくりと元気を無くしていく為、植え付けの土壌は良い物に改良しておく事が望ましいです。

ソヨゴの花
ソヨゴの花は非常に小さく目立ち難い為、花を鑑賞する目的で植える事は少ないです。
写真の花は雌木ですが、雄木にも花は付きます。雄木の花は同じ箇所から何房も花が展開しているので、やや賑やかに見えます。

ソヨゴ
鑑賞価値のあるソヨゴの赤い実。
植栽後の実の数は変化していきますが、周囲にある木によって変わってくると考えられていますが、一般的には雄木を近くに植えるのが望ましいとされています。

 

お勧めの植栽方法

ソヨゴはあまりにも強い直射日光下以外であれば綺麗な葉を保ったまま生育しますので、お庭の隅へ緑を添えたい場合など、あらゆる場所への植栽が可能な植木です。

庭の隅でも活き活きとするソヨゴ

生育が緩やかであれば傍を歩く場所でも植栽する事が出来ますので、この点が植栽の幅を広げています。

特に美しく育つ半日陰であれば目隠しの植栽にも使用でき、この場合生育の緩やかさを活かして建物に近い場所へも植える事が可能となります。

下の施工例は玄関横、時折歩く事もあるスペースへソヨゴを植えてスモールガーデンをデザインしております。
ソヨゴの背後には縦長の窓があり、将来的には目隠しと屋内からの景観向上に貢献します。
玄関アプローチを明るく演出するスモールガーデン-豊島区K様邸
玄関アプローチを明るく演出するスモールガーデン-豊島区K様邸

こちらの施工例でも玄関脇と駐車場に面した小スペースへソヨゴを植栽しています。
北側で日陰とだれる部分でも美しく育ち、シンボルツリーとして活き活きとした景観に。坪庭調のデザインにもよく似合う植木です。
玄関前にシンボルツリーと下草類を合わせ、坪庭風のデザインに-市川市T様邸
玄関前にシンボルツリーと下草類を合わせ、坪庭風のデザインに-市川市T様邸

 

お庭での剪定・メンテナンス

ソヨゴは株立ちの場合は剪定についてもローメンテナンスな植木と言えます。
小枝から伸びた枝は年間20~30センチ程の生育に留まる事も多く、これを丁寧に枝分かれ部分まで切り戻す程度に留めます。
もちろん他の植木と同様に、突出して伸びる枝は発生しますが1年で大きく景観を乱す様な事はなく、年に一度取り除く程度で十分に維持する事が出来ます。

単幹物のソヨゴは幹が太い分いくらか生育は早いのですが、柔らかな小枝が多く存在する為、伸びた枝を分岐点まで切り戻す程度で維持が可能です。ほとんどが分岐点で剪定出来るソヨゴは、カットされた場所が一見して分かり難く、極めて自然体な仕上がりにする事が出来ます。

 

お庭づくりのご依頼・お見積もり専用ダイヤル TEL 047-337-6326 お電話お受け付け時間 9:00~20:00

PAGETOP