MENU
造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。

シマトネリコ

シマトネリコはモクセイ科・トネリコ属の常緑樹で、主に洋風ガーデンやシンボルツリーとして植栽を致します。

日当たりと水捌けを非常に好み、厳しい夏の直射日光下でも問題なく育つ為、乾燥もしやすく暑い場所での植物選びに困った際は頼りになる植木です。

独特の雰囲気を持つシマトネリコの葉

独特の雰囲気を持つシマトネリコの葉

規則的に小さな葉が並ぶ姿、植え付け時の柔らかな枝や幹は爽やかな印象を受けますが、とてつもない生育力を想定し、何よりも植栽場所は計画的に決める事が重要です。

余裕を持った場所で生長させる事が、この植木の威力を維持させる方法となります。

 

お庭での生育傾向

先述の成長力が最も大きな課題となる植木です。
小さなものが観葉植物としても流通しておりますが、その様な鉢植えの場合は特に問題はありません。

生育力を想定し、遮蔽物の無い日向への植栽を

庭への地植えをした際はとにかく上へ上へと背を伸ばし、放任致しますと4~5mの木となるのに時間は掛かりません。
剪定維持を前提にした場合でも3m前後を想定しませんと、強い切り戻しを繰り返す事となります。

自由に生育出来る場所への植栽を

自由に生育出来る場所への植栽を

日当たりが少しでも不十分な場所へ植栽しますと下枝をどんどん枯らし、日光を求めて上へ伸びる速度が速くなります。
同時に背の高さを支える幹も太くなり、当初の柔らかな姿とは一変してしまいます。

建物脇、狭い場所などへ植栽した場合は上記の理由も含めて成長速度が増す傾向があり、幹も曲がって育つ事を想定しておく事が大切です。

剛健ながら、寒さに弱い一面も

あらゆる場所へ適応して生育もたくましいシマトネリコですが、常緑樹特有の寒さに弱い傾向が特に顕著に表れます。
特に冬季に北風の当たる場所ですと半分~の葉を落としてしまう程です。
ですのでお住まい建物が北風避けとなる南庭への植栽がお勧めとなりますが、建物脇などからの通り風が常にあたる場所ですと冬季に傷みますので注意しましょう。

 

お勧めの植栽方法

日当たりの良い、周囲に遮る物が無い場所への単体植栽が最もお勧めとなります。
シンボルツリーとしても活躍しますが、本来であれば庭の中心で主役となる様な植栽が望ましくあります。

庭の中心へ、シンボルツリーとしての植栽

庭の中心へのシンボル的な植栽

庭の中心へのシンボル的な植栽

こちらは広いお庭の中心へ、シンボルツリーとして植栽したシマトネリコです。
高さは4m程あり、悠々とした姿がお住まいを引き立ててくれます。

目隠しの植栽としては不向きな面も

目隠しとしての植栽は、始めの内は目隠し効果を備えますが生育に連れて下枝が少なくなっていき、肝心な目隠し部分は幹だけとなってしまう傾向があります。
目隠しの場合は刈り込み剪定でも維持出来る様な植木を選んでおきましょう。

耐乾燥性を活かすプランター植栽

シマトネリコは地植えでの成長力に困る反面、下の施工例の様にプランターで観葉植物的な扱いをする事には向いています。

マンションエントランスへ夜間も美しいプランター植栽を-足立区マンション
マンションエントランスへ夜間も美しいプランター植栽を-足立区マンション

ですがこの場合、背が高く枝葉の重量が原因で転倒する事を考え、強風が吹き付けない場所に設置するか、プランター自体を大型で重い物にしておく工夫が必要となります。

 

こちらのバルコニーでは左右がウッドフェンスで囲まれており、強風が吹かない事を前提にプランター植えのシマトネリコをセットしております。

デッキバルコニーに設置されたプランターへ緑濃い植木の植栽を-葛飾区A様邸
デッキバルコニーに設置されたプランターへ緑濃い植木の植栽を-葛飾区A様邸

 

お庭での剪定・メンテナンス

シマトネリコはその剛健さゆえに病虫害にかかりにくく、年間を通じて逞しい印象があります。

ですのでお庭での維持管理は生育的な剪定メンテナンスに集約されてまいります。

まずはシマトネリコを小さく維持する事は諦め、せめて3m~の樹姿を想定します。
シマトネリコの樹形は、幹から枝へというよりも幹自体で構成されている事がほとんどで、この幹をいかに太らせないかにかかってきます。

剪定のポイントとしては、
・必要最低限の本数の幹にする(バランスが良く見える3本程度)
・背丈を切り詰める際は木が硬く見えない高さまでは妥協して設定する
という様になります。

背丈を無理に詰めないシマトネリコの仕立て

背丈に余裕を持たせて剪定したシマトネリコ

背丈に余裕を持たせて剪定したシマトネリコ

こちらのシマトネリコは高さ2.8m程を想定して植栽しており、無理に切り詰めを行わない剪定を施しています。
シマトネリコは高さに余裕を持った樹形が最も自然に見えますうえ、剪定後の生育も幾分緩やかになります。

背の高さを許容して、柔らかな姿を維持する

背丈を詰めずに枝透かしで維持するシマトネリコ

背丈を詰めずに枝透かしで維持するシマトネリコ

無理に背丈を詰めず、植栽計画の段階から4m程の高さを想定していれば、こちらの様に柔らかな木立を思わせる庭木となります。
シマトネリコの様に、常緑樹でありながら自然な木立を演出できる植木は限られておりますので、背の高ささえ許容出来る場所であれば是非取り入れたい植栽方法です。

背が高くなりすぎて困ったというケースに多くお伺いを致しますが、背丈を低くする事を優先に剪定をしますと全体が一気に太る事に加え、あっという間に元の高さへ戻ってしまいます。
つまり太らせる為にカットをしている様なものとなってしまいますので、シマトネリコの剪定におきましてはなるべく詰めず出来るだけ柔らかにする、実は剪定の本来の心得が特に必要な植木とも言えます。

お庭づくりのご依頼・お見積もり専用ダイヤル TEL 047-337-6326 お電話お受け付け時間 9:00~20:00

お庭づくりのビフォーアフター

お庭が出来るまで【造園施工の様子】

PAGETOP