造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。

キンメツゲ

キンメツゲはモチノキ科モチノキ属の常緑樹ですが、この分類に属する「イヌツゲ」は古くから庭へ植えられる事が多い植木でした。

キンメツゲはイヌツゲに比べ葉も小さく密度が濃く、枝分かれも比例して細かい印象を受けます。
その為、洋風ガーデンへ刈り込み仕立ての物を植えたり、自由な形に刈り込んだ造形物も多く出回っております。

キンメツゲの生垣

キンメツゲの新芽は名前の通り黄色が鮮やかで、イヌツゲと大きく異なる特性と言えます。
この為、年間を通して同じ姿をしているイヌツゲとは異なり、花の目立たない常緑樹ながら春の季節感を感じられます。

 

お庭での生育傾向

キンメツゲは日当たりの良い場所を好み、建物や他の木が近くに寄る事を嫌がる傾向があります。

少々の日陰(北側の庭など)でも生垣を形成出来る程度に生育するものの、裏側や塀際などに近い枝はみるみる内に枯れ込んでいきます。細かな枯れ枝ですが、手で取り除いておきましょう。
枯れが起こるのは生育上仕方の無い部分に留まる事が多いので、元気な箇所を大切にして育てるのが一般的です。
また、日当たりの少ない場所ではグンバイムシの被害を受ける事があり、葉が全体的に白く(薄く)なってしまいます。

落葉樹や他の常緑樹よりは生育は緩やかで、刈り込みなどの剪定でも次々に細かい芽を吹かせます。
ですが成型的な仕立てが多い為、形を維持する様に刈り込みを欠かさない様に行っておく必要はございます。

 

お勧めの植栽方法

キンメツゲの持つ繊細な枝葉は常緑樹としては稀であり、その特性を活かした目隠しとして植栽する事が多いです。

生垣の材料として適した植木でありますので、生垣用の形の木が多く流通しております。

生垣用のキンメツゲを植栽

生垣用のキンメツゲは背の低いタイプも流通しておりますので、圧迫感の無い生垣を施工する事が出来ます。
植栽当初より枝葉が密でありますので、施工後から目隠し効果を得られる優れた植木です。

歩道脇のキンメツゲ
こちらは歩道沿いに施工を致しましたキンメツゲの生垣です。
伸びが細かく生育も緩やかなのでこうした場所への植栽にも向いております。

下の施工例は下部への目線のみを目隠しする目的で施工を致しましたキンメツゲの生垣です。
生垣としては非常にコンパクトなサイズに仕上がっており、キンメツゲならではの景観を作り出しております。
シンボルツリーと生垣でお住まいに緑を添えて-江戸川区T様邸
シンボルツリーと生垣でお住まいに緑を添えて-江戸川区T様邸

 

お庭での剪定・メンテナンス

キンメツゲの剪定は、とにかく枝が細かい為に刈り込みによって行うのが一般的です。
枝葉の密度が濃いので、剪定によって成型された際はまるで緑の壁の様な仕上がりとなります。

先述の様に日の差しにくい場所は枯れが進んでいきますので、剪定時あるいは気が付いた際に取り除いておいてあげましょう。

生垣施工直後の剪定
こちらは生垣として植栽された直後のキンメツゲを、木鋏によって切り揃える様子です。

仕上がった生垣の天端
キンメツゲの繊細な枝により、この様に綺麗な直線に仕上げる事が出来ます。

刈り込み剪定に併せ、ハダニ類の予防策として薬剤を散布しておくのも効果的です。
樹形の乱れとダニ害さえ気を付けていれば、お住まいにとって末永いグリーンとして息づいてくれます。

お庭づくりのご依頼・お見積もり専用ダイヤル TEL 047-337-6326 お電話お受け付け時間 9:00~20:00

PAGETOP