駐車場とお庭の境界に植えられていた庭木を伐採撤去し、新たに樹脂製ウッドフェンスを施工致しました。

もともと境界として植えられておりました植木は生長速度が速いものが中心になっており、駐車場もお庭も狭くしてしまっておりました。 そこで庭木を撤去し、周囲を広々と使える目隠しフェンスを施工させていただきました。

樹脂フェンスを左手から
今回施工をさせていただきました樹脂ウッドフェンスは高さ1.6メートル、幅4メートルの設計になっており、フェンス材(板材)同士の隙間はやや広めの2センチとなっております。 うっすらと向こう側がうかがえる程度の目隠しですので、完全に隠してしまう場合に比べ防犯性に優れております。

 

樹脂フェンスを右手から
右手に見えるのは生長の緩やかなチャボヒバです。この庭木とフェンスを合わせる様なレイアウトとしており、フェンスのみの風景と比べて柔らかな印象にする事が出来ました。 フェンスカラーはライトブラウンとなっており、庭木の緑色とのコントラストも美しい仕上がりに。

 

お住まいを引き立てる樹脂ウッドフェンス
周囲の庭木の緑と調和する樹脂ウッドフェンスの風景。 フェンスの役割は目隠しや境界ではございますが、造園や庭づくりと同様、周囲に合わせた設置で景観向上にも大きな効果が期待できます。
こちらの目隠し樹脂フェンスの施工作業の様子は庭づくりブログ-鎌ヶ谷市A様邸 目隠し樹脂フェンス設置工事の様子にてご覧戴く事が出来ますので、併せましてご参考下さいませ。