造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。

日陰を活かす!シェードガーデン作り8つのポイント

 

暗い日陰も明るく綺麗に見せる、シェードガーデン。

そのデザイン方法や施工例など、8つのポイントをご一緒に見てまいりましょう。

 

①日陰を好む植物を使う

日陰にも明るい日陰と暗い日陰があり対応出来る植物も変わってまいりますが、共通して日陰で育つ植物は葉色が鮮やかです。

直射日光が強い場所は日照を好む植木以外は色がくすんで葉焼けを起こしたりしますが、日陰に適応する植物は日陰で育つとみるみる内に葉色が良くなります。
その色味とツヤを日向で見る事は難しく、これがシェードガーデン独特の雰囲気を作る一因となります。

日陰で艶やかに育つ植物の一例

実と葉が美しいアオキ

実と葉が美しいアオキ

日陰でツヤを放つ斑入りアオキ。実の赤色も美しく浮き上がります。

日陰で色味を出すセキショウ類

日陰で色味を出すセキショウ類

やや暗めな日陰環境でも色を楽しめるセキショウ類。

日陰でも葉が美しいマホニアコンフューサ

日陰で美しいマホニアコンフューサ

日陰でも美しいマホニアコンフューサ。柔らかな樹形と花の華やかさから、洋風のシェードガーデンにも重宝します。

日陰の庭は思いの外乾燥しやすい場合があります。耐陰性の植物を使って庭作りをしたとしても、散水メンテナンスは大切である事を考えておきましょう。

 

②半日陰に向いた美しい雑木をレイアウト

落葉樹ではジューンベリーやトネリコ、ブルーベリー、アロニアなどは日照に強い傾向を見せますが、その他の多くはなるべくなら半日陰~の環境が適しています。
日陰の庭であれば暑さに弱い雑木も植える事ができ、夏も涼しげな印象をもたらしてくれます。

半日陰へ雑木を取り入れた施工例

こちらのお庭では半日陰となる環境を活かしてコハウチワカエデやアオダモを植栽し、その枝葉によって作られた木漏れ日空間へ苔をレイアウトしています。
雑木の下で苔が育つ、ナチュラルレイアウトの一例です。

一坪の中で流れ(枯山水)と和風ナチュラルの融合を感じる小庭-台東区A様マンションエントランス
一坪の中で枯れ流れと和の風情を感じる小庭-台東区A様マンションエントランス

 

③暗く小さな面積の中でデザインする

こちらの施工例は通常のお庭とは異なり、日陰に設置されたプランターへの寄せ植えレイアウトです。

半日陰であれば綺麗に生育するヒメシャラに合わせ、ナツハゼなどの中木、さらにはラン類やヤブコウジなどの下草類をレイアウトしています。

面積が小さければ自然石も小さな物を選んでレイアウトし、コンパクトなシェードガーデンをデザイン出来ます。

プランターの中へ小さな自然風景を再現した植栽群を-世田谷区H様邸
プランターの中へ自然風景を再現した植栽群を-世田谷区H様邸

 

④日陰向きのグランドカバーや下草類でデザインする

日陰でのグランドカバー植栽は、日向向けの種類とはかなり異なってきます。
グランドカバーの場合は環境に適さない場合、傷むというよりも枯れてしまう事が多く、予め日陰向きの植栽計画を行いたいものです。

日陰環境で地被を形成する植物は草類が中心となり、日向向きのコニファーや多肉類とは異なります。
日陰向きとはいえ一度生育を始めますと旺盛に領域を広げていきますので、カットメンテナンスは予め想定しておく事が望ましいでしょう。

日陰で育つグランドカバー・下草類の一例

青花が美しいアジュガ

青花が美しいアジュガ

次々と増えるアジュガのグランドカバー。花期は目覚める様な色彩に。

フッキソウ

瑞々しい印象のフッキソウ

こちらも領域を広げながら新たな茎を伸ばすフッキソウ。青々とした色合いが魅力です。

リシマキアやギボウシ類

リシマキアやギボウシ類

園路の奥はイエローが鮮やかなリシマキア。匍匐性でよく広がります。手前のヤブランやギボウシ(落葉性)ですと広がる事が少なく手軽にレイアウトできますが、株自体が大きく膨らむ事を想定して周囲はスッキリとしておきましょう。

暗い庭を下草で明るくさせるデザイン例

領域を広げる下草類のカットについて触れましたが、下草類には広がり難くメンテナンス性に優れたものもあります。
こちらの施工例は、主におとなしい下草類を使ってデザインしています。

幅30センチの中で下草と自然石の風情を楽しむ日陰の小庭-習志野市Y様邸
幅30センチの中で下草と自然石の風情を楽しむ庭-習志野市Y様邸

 

⑤開けた日陰であれば、洋風の植木で明るい庭に

建物に周囲を囲まれた日陰とは異なり、北側壁面に面した広い場所が植え込みスペースとなっている場合があります。
この様な場所は直射日光が当たらなくても明るく風通しも良いメリットがあり、様々な植木を使った庭作りが出来ます。

開けた北側での植栽例①:洋風植物のレイアウト

こちらの施工例ではソヨゴやキンマサキ、フェイジョア、ヒメシャリンバイなど、日陰でも美しく育つ植木を使用し、明るい色の庭石や砂利を使ったデザインに。暗くなりがちな北側を明るく見せています。

道路に面した北側部分を色鮮やかな小さな庭に-足立区S様邸
道路に面した北側部分を色鮮やかな小さな庭に-足立区S様邸

開けた北側での植栽例②:和風の植木やマテリアルで庭を構成

環境条件は同じながら、植木の種類を和風にすればしっとりとした雰囲気のシェードガーデンをデザイン出来ます。
この環境であれば夏でもヤマモミジやヒメシャラ等の落葉樹が瑞々しく緑を保つ事ができ、ヒュウガミズキやドウダンツツジ、マホニアコンフューサが和風の雰囲気を引き出します。

船橋市F様邸 敷石テラスに睡蓮鉢を添えた和風の庭
船橋市F様邸 敷石テラスに睡蓮鉢を添えた和風の庭

 

⑥日陰の通路をスモールガーデンにデザイン

こちらの施工例では、立ち木はヒメシャリンバイの1本のみに。
葉が小さく生育も緩やかで、通路としても使うシェードガーデン向きの植木です。

通路となる平板ですが、日陰を明るく見せたいばかりに華やかなカラーを選択しますと、日陰環境による黒ずみやコケ付きが起こった際に見た目が宜しくなくなってしまいます。
これが予想される場合は、予めアンティークなデザインのマテリアルを使い、経年による劣化も美しく見せる計画をたてる事がお勧めです。
バークチップの中を枕木アプローチが続く小さな庭-杉並区N様邸
バークチップの中を枕木アプローチが続く小さな庭-杉並区N様邸

 

⑦シェードガーデンの為の日陰を作る選択肢

既に日陰の庭の美しさをご存知の方々の中には、あえて日陰の環境を作られている方もいらっしゃいます。数々の植物を植えて試された方はご存知かもしれませんが、半日陰の環境は小さな植物が育ちやすいものです。

木漏れ日で調整して作る日陰具合

日当たりが強すぎる場合は思い切った日陰作りが必要となります。
フェンスを立てれば陰も作れますが、しっかりとした日陰が必要な植物はフェンス際などへの植栽するのが望ましいでしょう。
花物などは多少の日照時間が必要な事が多い為、フェンス沿いに雑木類を植栽した上で、半日陰となる枝葉の下を活用するのがお勧めです。
木の下に草が育つ風景は自然に習ったものですので、景観的もナチュラルな庭になっていきます。

こちらの施工例では目隠しウッドフェンスが作り出す陰に加え、雑木類の作り出す木漏れ日をデザインに取り入れています。
宿根草など山野草向きのお庭になっています。

頭上の緑が心地良さを感じさせるナチュラルガーデン-板橋区N様邸
頭上の緑が心地良さを感じさせるナチュラルガーデン-板橋区N様邸

 

⑧和風の趣をシェードガーデンで引き立てる

和風の小庭や坪庭の多くは建物に隣接したり四方を囲まれており、日陰の環境である事が多いもの。
日陰の和風庭園に植えられている植物はいかにも和風といった容姿である事は少なく、むしろ自然味に富んだ物が多く見られます。これは日陰で生育する下草類や苔を中心に庭をデザインされている為であり、日陰の植物選びのお手本となります。

植物だけではなく、庭石も石質を考慮してレイアウトすれば、日陰によって苔生した美しい姿を見せてくれます。

さらにラン類やギボウシその他山野草、花を付ける低木雑木などを組み合わせれば、季節により色とりどりの姿を見せる庭を楽しむ事が出来ます。

延段と蹲を設えた、時の流れを感じる和風の庭-新宿区Y様邸
延段と蹲を設えた、時の流れを感じる和風の庭-新宿区Y様邸

 

和風・洋風・自然風を問わず、日陰の環境は様々なシェードガーデンの可能性を秘めており、広さに関わらず表現できる事がご参考いただけましたら幸いです。

その他にも日陰の庭やシェードガーデンの施工例がございますので、併せましてご覧戴ければと思います。

お庭づくりのご依頼・お見積もり専用ダイヤル TEL 047-337-6326 お電話お受け付け時間 9:00~20:00

PAGETOP