造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。

日陰を活かしたシェードガーデンの作り方

「うちの庭は日当たりが悪いから…」といったお声をよくお聞きします。

日陰だから植木や植物の生育が悪い、花が付かないなど、日陰になってしまっている庭はデメリットばかりが先行し、良い印象が薄くなってしまっているのではないでしょうか。

ですが私共の様に庭づくりに長く携わっておりますと、日陰の庭の持つ大きなメリットに気付きます。
日陰ならではの魅力、とも言えますが、実は日陰の庭の方が庭づくりの選択肢が多かったりするものなのです。

日陰を美しく見せるシェードガーデン

日陰を美しく彩る庭はシェードガーデンとも呼ばれ、その環境による葉の美しさ、強い日射を嫌う山野草、宿根草の花、その他下草類などの瑞々しい姿が存分に発揮されます。

もちろん真っ暗な日陰では生育する植物も少ないという厳しさもございますが、シェードガーデンに僅かに陽が差す時などは、そこでしか見られない「陰影の美しさ」があります。

ここでは日陰の庭の施工例を交えながら、シェードガーデン作りについて見てまいりましょう。

日陰でも育つ植物(植木)を使って庭づくり

厳密に申しますと日陰にも明るめの日陰と暗い日陰が存在し、対応出来る植物も変わってまいりますが、共通して日陰でも育つ植物は葉色がとても鮮やかであると言えます。

直射日光が強い場所ですと、よほど日照を好む植木以外は色がくすみ、葉焼けを起こしたりしますが、日陰に適応する植物は日陰で育つとみるみる内に葉色が良くなる傾向があります。
その色味とツヤは日向で見る事が難しい程であり、これがシェードガーデン独特の雰囲気を作る一因となります。

実と葉が美しいアオキ
日陰でツヤを放つ斑入りアオキ。実の赤色も美しく浮き上がります。

日陰で色味を出す下草類
やや暗めな日陰環境で色味を楽しむセキショウ類。

日陰でも葉が美しいマホニアコンフューサ
日陰でも美しいマホニアコンフューサ。その容姿と花の華やかさから、洋風のシェードガーデンにも重宝します。

日陰の庭は思いの外乾燥しやすい場合があります。耐陰性の植物を使って庭作りをしたとしても、散水メンテナンスは大切である事を考えておきましょう。

 

日向では葉焼けしやすい雑木類を日陰の庭へレイアウトする

近年はナチュラルな雰囲気の庭木が流行しております事から、シンボルツリーに雑木類を植えてあるのをよく見掛けます。
ですが雑木類の中でも強い日照に耐えうる種類は限定されます。一気に全体が枯れるまでは傷まないにしろ、葉色が極端に落ち、ゆっくりと時間を掛けて枝を減らしてしまうケースが最も多くなります。

ジューンベリーやヤマモミジ、トネリコやブルーベリー、エゴノキ、アロニアなどは日照に強い傾向を見せますが、その他の多くはなるべくなら半日陰~の環境へレイアウトしたいものです。

こちらの施工例では半日陰となる環境を活かしてコハウチワカエデやアオダモを植栽し、その枝葉によって足下へ作られた日陰へ苔類をレイアウトしています。

一坪の中で流れ(枯山水)と和風ナチュラルの融合を感じる小庭-台東区A様マンションエントランス
一坪の中で枯れ流れと和の風情を感じる小庭-台東区A様マンションエントランス

 

小さな面積の中で、雑木と下草類を合わせて小さなシェードガーデンをデザインする方法も

こちらの施工例は通常のお庭とは異なり、日陰に設置されたプランターへの寄せ植えレイアウトです。

半日陰であれば綺麗に生育するヒメシャラの木と合わせる様に、足下にはナツハゼなどの中木、さらにはラン類やヤブコウジなどの下草類をレイアウトしています。

面積が小さければ、それに合わせた小さな自然石も織り交ぜる事で、広さに関わらず更にナチュラルなシェードガーデンをデザインする事が出来ます。

プランターの中へ小さな自然風景を再現した植栽群を-世田谷区H様邸
プランターの中へ自然風景を再現した植栽群を-世田谷区H様邸

 

日陰でも欲しいグランドカバー。環境を活かし下草類で足下をデザインする。

日陰環境でのグランドカバー植栽は、日向向けの種類とはかなり異なってきます。グランドカバーの場合におきましては環境に適さない場合、傷むというよりも枯れてしまう割合が高く、予め日陰向きの植栽計画を行いたいものです。

日陰環境で地被を形成する植物は草類が中心となり、日向向きのコニファーやハーブとは異なります。
日陰向きとはいえ一度生育を始めますと旺盛に領域を広げていきますので、カットメンテナンスは予め想定しておく事が望ましいでしょう。

アジュガ
次々と増えるアジュガのグランドカバー。花期は目覚める様な色彩に。

フッキソウ
こちらも領域を広げながら新たな茎を伸ばすフッキソウ。青々とした色合いが魅力です。

リシマキアやギボウシ類
園路の奥はイエローが鮮やかなリシマキア。匍匐性でよく広がります。手前のヤブランやギボウシ(落葉性)ですと広がる事が少なく手軽にレイアウトできますが、株自体が大きく膨らむ事を想定して周囲はスッキリとしておきましょう。

領域を広げる下草類のカットについて触れましたが、下草類には広がり難くメンテナンス性に優れたものも多く存在します。
こちらの施工例は、主にその様なおとなしい下草類を使ってデザインされたシェードガーデンです。

幅30センチの中で下草と自然石の風情を楽しむ日陰の小庭-習志野市Y様邸
幅30センチの中で下草と自然石の風情を楽しむ庭-習志野市Y様邸

 

明るめの日陰であれば、洋風の植木をレイアウトしてシェードガーデンをデザインする事も

建物に周囲を囲まれた日陰とは異なり、単純にお住まいの北側壁面に面した場所が植え込みスペースとなっている場合があります。この様な場所は直射日光が当たらなくても明るさを保ち、風通しも良好なのがメリットであり、通常の庭デザインと大差の無く日陰の庭作りをする事が出来ます。

こちらの施工例ではソヨゴやキンマサキ、フェイジョア、ヒメシャリンバイなど、日陰でも美しく育つ植木を使用し、さらに色味のあかるい庭石や砂利を使ったデザインに。暗くなりがちな北側を明るく見せる事が出来ています。

道路に面した北側部分を色鮮やかな小さな庭に-足立区S様邸
道路に面した北側部分を色鮮やかな小さな庭に-足立区S様邸

こちらは同じく建物(隣家)の北側ですが、和風テイストの植木やマテリアルを使い、和風シェードガーデンに。

環境条件は同じながら、植木の種類を和風にすればしっとりとした雰囲気のシェードガーデンをデザインする事が出来ます。
この環境であればヤマモミジやヒメシャラの立ち木は夏場でも瑞々しく緑を保つ事ができ、ヒュウガミズキやドウダンツツジ、マホニアコンフューサが和風の雰囲気を引き出します。

自然石の配置も鳥海石の据えつけを行い、睡蓮鉢をセットする事でお庭の眺めが締まってきます。

船橋市F様邸 敷石テラスに睡蓮鉢を添えた和風の庭
船橋市F様邸 敷石テラスに睡蓮鉢を添えた和風の庭

 

庭に出来るとは思えない日陰の通路を、最低限の材料でリトルガーデンにデザインする

何気なく存在する敷地内の暗い通路を目にします。かつて芝生を張っていたものの傷んだままになっていたり、植えた木が枯れたままの様な場所、少なくは無いと思います。

植物の生育が難しい場所であれば、無理に多くを植える必要はありません。
ただでさえ風通しの良くない場所へ混植を施しては、生育が難しいばかりか植木に病虫害も発生しやすくなります。
通路として使っている以上、歩行を妨げる植栽は避けたいものですし、さらに注意をしたいのが植木は日陰でよく伸びる傾向がある事です。
これは陽を求めてとにかく背を伸ばす行動で、曲がりを伴いながら早い生育が見られます。
葉は最低限の数に調整され、少しでも日光を得ようと葉の面積が大きくなる事もあります。こうなりますと鑑賞を目的とした庭植えには向かず、カットを繰り返す事になってしまいます。

こちらの施工例では、立ち木はヒメシャリンバイの1本のみ。葉が小さく生育も緩やかな樹種であり、通路としても使うシェードガーデン向きのレイアウトです。
通路となる平板ですが、日陰を明るく見せたいばかりに華やかなカラーを選択しますと、日陰環境による黒ずみやコケ付きが起こった際に見た目が宜しくなくなってしまいます。
これが予想される場合は、予めアンティークなデザインのマテリアルを使い、経年による劣化も美しく見せる計画をたてる事がお勧めです。

バークチップの中を枕木アプローチが続く小さな庭-杉並区N様邸
バークチップの中を枕木アプローチが続く小さな庭-杉並区N様邸

 

シェードガーデンをデザインする為に、日陰を作るという選択肢も

既に日陰の庭の美しさをご存知の方々の中には、あえて日陰の環境を作られている方もいらっしゃいます。数々の植物を植えて試された方はご存知かもしれませんが、半日陰の環境は小さな植物が育ちやすいものです。

木の根元は暗い日陰に。頭上に枝葉が茂れば半日陰に。日陰つくりの調整は?

日当たりが強すぎる、いうお悩みをお聞きした際は思い切った日陰作りが必要となります。
フェンスを立てればはっきりとした陰を作りやすいですが、特に影が必要な植物はフェンス際などへの植栽に限定するのが望ましいでしょう。
花物などは多少の日照時間が必要な事が多い為、フェンス沿いに雑木類を植栽した上で、半日陰となる枝葉の下を活用するのがお勧めです。
環境を作る目的ではありますものの、やはり木の下に草が育つ風景は自然に習ったものですので、景観的もナチュラルなシェードガーデンになっていきます。

こちらの施工例では目隠しウッドフェンスが作り出す陰に加え、雑木類の作り出す木漏れ日をデザインに取り入れています。
宿根草など山野草向きのシェードガーデンになっています。

頭上の緑が心地良さを感じさせるナチュラルガーデン-板橋区N様邸
頭上の緑が心地良さを感じさせるナチュラルガーデン-板橋区N様邸

 

日陰のしっとりとした環境が似合う露地風のデザイン。和風の趣はシェードガーデンの中で大いに引き立てられます。

日陰の庭の中で緑が活き活きとしている様子の写真は、和風のお庭も多いのではないでしょうか。
小庭や坪庭の多くは建物に隣接したり四方を囲まれており、まさにシェードガーデンの環境である事が多いのです。

日陰の和風庭園に植えられている植物はいかにも和風といった容姿である事は少なく、むしろ自然味に富んだ物が多く見られます。これは下草類や苔を中心に生育する日陰を意識してデザインされている為であり、日陰の植物選びのお手本となる庭とも言えます。

植物だけではなく、庭石も石質を考慮してレイアウトすれば、日陰によって緑色に苔生してきたり周囲に配した苔と一体となった美しい姿を見せてくれます。

さらにラン類やギボウシその他山野草、花を付ける低木雑木などを組み合わせれば、季節により色とりどりの姿を見せる日陰の庭を楽しむ事が出来ます。

延段と蹲を設えた、時の流れを感じる和風の庭-新宿区Y様邸
延段と蹲を設えた、時の流れを感じる和風の庭-新宿区Y様邸

 

和風・洋風・自然風を問わず、日陰の環境は様々なシェードガーデンの可能性を秘めており、広さに関わらず表現できる事がご参考いただけましたら幸いです。

その他にも日陰の庭やシェードガーデンの施工例がございますので、併せましてご覧戴ければと思います。

お庭づくりのご依頼・お見積もり専用ダイヤル TEL 047-337-6326 お電話お受け付け時間 9:00~20:00

PAGETOP