造園、植栽、千葉県・東京都の庭施工、坪庭・垣根施工。千葉県市川市の「住まいの造園施工専門会社」です。

坪庭や中庭。小さな庭のデザインと活用方法

現代において坪庭と聞きますと、一坪サイズの小さな庭であったり建物をくり抜いた様な場所へ位置する庭の事を連想される事が多いかと思います。

小さな空間をデザインして庭として活かす

元々は平安時代の貴族の屋敷における、建物同士を繋ぐ渡り廊下に面した空間の事を「壷」と指し、そこへ萩や藤などの花物の樹木が植栽されていた事に由来すると言われております。
ですので建物内にいながら楽しむ庭、という観念では現在とさほど変わらない存在意義であった事がわかります。

京都の長屋建築においては、建物奥の通りから遠い部分は陽もあたりにくく風も通さなくなる事から、建物の中央付近に空洞となる部分を設け、そこを採光・通風の中間拠点としておりました。
そのうち、その空間を優雅に小庭としてデザインされる様になり、坪庭=美しい小庭という概念は現代まで残っています。

坪庭用途として通じる、現代住宅の中庭

渡り廊下を持つ様な大きな屋敷は現在はなかなか目にする事はありませんが、歴史の深い文化財や旅館などではその作りは残っており、池や灯篭などを配した坪庭を見る事が出来ます。

現代住宅の坪庭

現代におきましても、先に述べました京都の長屋同様、家の内部まで日光や風が通り難い住宅事情になりつつある事から、お住まい中央付近に空間を作る建築が増えてきています。空間を生む住宅構成はコの字型であったり口の字型であったり様々で、中庭と呼ばれるこの空間の役割は長屋における坪庭と目的を同じくします。

 

坪庭本来の目的を失わないデザインで、お住まいの為になる庭を作る

上にて述べました様に、坪庭・中庭共にお住まいへ採光と通風をもたらす事が第一の設計目的とされています。お住まいにいながらにして身近に緑を楽しむ目的も大切ですが、まずは住環境を良好にするデザインを考えたいものです。

必ず維持したいのは日当たりではないでしょうか。中庭の使い道は多岐に渡り、観賞用はもちろん、物干しの場であったりお子様が遊ぶ場であったり、時にはお茶をされる事もあるでしょう。
中庭という立地上、直射日光があたる時間は限られておりますので、木を植えすぎれば貴重な採光時間が無くなってしまう事も考えられます。 ですので植栽は高木1本に留めておく程度が良いとも言えます。
さらに落葉樹であれば冬季は葉が落ちて採光を遮らなくなります。落ち葉の掃除を気にされる事もあるかしれませんが、実際は常緑樹も成長期にかなりの葉を落としますので、お掃除が必要となるのは同じになります。

こちらは、お住まいをくり抜くようにして設けられた現代の坪庭ともいえる空間へ、造園デザインを施しております。
採光を妨げない様に、メインの植木はコハウチワカエデのみとし、その周囲は蹲を構成したシンプルなデザインです。歩く事はもちろん、眺めても気持ちの良い坪庭となっております。

苔が静けさを感じさせる、蹲を設えた和風の坪庭-台東区お寺様中庭
苔が静けさを感じさせる、蹲を設えた坪庭-台東区お寺様中庭

 

小さな庭へデザインを凝らす「坪庭風」というカテゴリー

坪庭の正式な目的と由来などに触れてまいりましたが、現代では小さな庭の事を「坪庭」「箱庭」などと呼ぶ事があるのも事実です。私共の場合、小庭作りはあくまでも小さな面積における造園、ではありますが、小さな庭に坪庭製作時のデザインに共通する雰囲気を求める場合は、「坪庭風のデザイン」という概念を持って製作します。
これはお客様が、坪庭は小さな場所に植木と石、灯篭などが綺麗にデザインされているもの、という考えを持っておられます事が多い為、小さな庭を丁寧にデザインする際は坪庭風という呼称を用いております。

もちろん、坪庭風の作庭におきましては必ず石材品や添景物が必要な訳ではございません。
こちらの様に小さな四角形の中でも最低限の植木と自然石、少しの砂利があれば、坪庭デザインを作り出す事が出来ます。

東京 八角部屋様 表玄関を包む2つの小さな和風坪庭
東京 八角部屋様 表玄関を包む2つの小さな和風坪庭

 

一坪サイズに設けられた土スペースを坪庭風デザインで活かす

こちらのマンションエントランスでは、ちょうど一坪という面積にくり抜かれていた土スペースを、坪庭風デザインによって活かしております。
小さな庭へ自然石をレイアウトする際は、特に動きを付ける様にランダムに行いたいもの。枯れ流れとして水の流れは砂利で表現していますが、その流れに逆らわない自然な置き石によってデザインをしています。

一坪の中で流れ(枯山水)と和風ナチュラルの融合を感じる小庭-台東区A様マンションエントランス
一坪の中で枯れ流れと和の風情を感じる小庭-台東区A様マンションエントランス

 

飲食店前の狭小部を坪庭としてデザインする

こちらでは渋谷区恵比寿の飲食店舗(和食店)前に設けられた狭小スペースへ、坪庭デザインを施して作庭をしております。
店舗への出入り口である事から、歩行を妨げない様に立ち木の植栽はせず、下草類、灯篭と手水鉢のみで坪庭風のデザインを施しています。夜間は添景物の作り出す陰影が美しく、お住まいでも取り入れたくなる構成となっています。
小料理店の入り口前に設えた和風の坪庭-渋谷区恵比寿小料理店T様
小料理店の入り口前に設えた和風の坪庭-渋谷区恵比寿小料理店T様

 

コンパクトな設計が可能な坪庭デザインは、室内やバルコニー・ベランダにも取り込む事も出来ます

植木や下草類の生育が難しい室内という環境でも、坪庭デザインなら石材や庭石のみを使って構成できます。
メンテナンスの必要も無い石材があれば、坪庭としての表情を引き出すに十分ともいえます。
蹲は茶室に入る前に手や口を清める為にございますが、その意味合いを玄関内へ取り入れてみました。玄関からはもちろん、上がり框からも降り立つ事が出来るデザインとなっており、蹲そのものの意味も楽しむ事が出来ます。

室内(玄関)内へ設えた蹲のある坪庭-葛飾区A様邸
室内(玄関)内へ設えた蹲のある坪庭-葛飾区A様邸

窓に3方を囲まれたバルコニーは、坪庭としての景観条件を備えています

こちらは3方を窓で囲まれたバルコニーです。どのお部屋からも見える中庭とも言える部分ですので、室内から眺める坪庭デザインによって活かす事が出来ました。室内とは異なり、石組みによって土盛りをした部分であれば、低木類や下草の植栽は可能となります。この際、防水層を保護する為の防汚シートの敷設や水抜き部分の工夫は設計に盛り込む必要がございます。
床が平らであったとは思えない風景も、坪庭デザインで表現する事が出来ました。

バルコニーに設えた手水鉢を据えた和風の坪庭-江戸川区S様邸
バルコニーに設えた手水鉢を据えた和風の坪庭-江戸川区S様邸

 

玄関を坪庭としてデザインする方法

玄関の坪庭と申しましても、玄関の窓から見える坪庭であったり玄関脇に位置していたりと、場所は様々です。
玄関から坪庭を眺める際は、予め窓を設置する事はもちろん、坪庭となる該当箇所への植栽を前提としておく事が非常に大切です。土壌改良などは造園の際でも遅くはございませんが、マスの配置や埋設配管のルートなどを、建築段階から考慮しておきたいものです。

玄関から見る坪庭であれば、やはり独自の世界観を持ち、周囲とは一変する風景でありたいものです。そこで坪庭で活躍するのがスクリーンとなる垣根の設置ではないでしょうか。これは坪庭以外の風景や物を見せなくする一方、空間美が作られる事により、必要最低限の材料で坪庭をデザインする事が可能となります。
こちらでは垣根をスクリーンとして背後の塀をまるごと目隠しし、灯篭と庭石のみのシンプルな坪庭デザインを行いました。

玄関の小窓から望む和風の坪庭-市川市N様邸
玄関の小窓から望む和風の坪庭-市川市N様邸

玄関アプローチを坪庭としてモダンにデザイン。歩き難さも景観として織り込む手法

こちらの玄関周りには市松デザインを施した敷石通路を設置しています。市松敷石はそのままアプローチとして使用する通路であり、歩き難さも景観の一部として織り込んだ、坪庭と呼べる空間になっています。
市松模様の敷石の雰囲気を活かすには、周囲の植栽は非常に小振りな物を使う事が大切です。坪庭づくりにおきましては材料のサイズ感や相性がとても大切で、これが崩れますと通路が小さく見えたり、植栽が物足りなく見えたりする事も起こり得ます。
こちらの様に周囲の作りこみをバランス良く致しますと、敷石が30cmサイズとは思えなく見えるのがお解かりいただけると思います。

古都を思わせる市松デザインで和風情緒溢れる玄関アプローチに-文京区H様邸
古都を思わせる市松デザインで和風情緒溢れる玄関アプローチに-文京区H様邸

 

デザインの魅力が増す、日陰の坪庭づくり

日陰環境は植物が育ち難いと思われがちですが、もともとやや暗い坪庭や中庭に用いられてきた植物は多くございます。石が苔生したり、植木が濃い色を放ったりと、日陰の坪庭はある意味最も坪庭らしい風情を感じられるのではないでしょうか。
灯篭なども同様に、日陰に設置した際の経年変化は風情に溢れ、いつまでも見応えのある景色を見せてくれます。

先にも述べました様に、暗くなりがちなお庭でありますので植木は風情のある1本があれば十分で、その他は小振りなものや下草類で構成し、作庭前と明るさが変わらない様なデザインを考える事が良いでしょう。
また、空間に砂利を敷き込めば、作庭前よりも明るい印象となります。どこに植えるか、よりもどこを空けるかに重きを置いてデザインしますと、坪庭らしいデザインが出来上がっていく事と思います。

こちらでは周囲を建物に囲まれた日陰の小さなスペースへ坪庭風のデザインを施し、庭として静寂さを演出しております。

蹲を無駄なく設えた小さな和風の庭-浦安市E様邸
日陰へ蹲を設えた小さな和風の庭-浦安市E様邸

 

坪庭や中庭のデザイン方や活かし方の数々、ご参考いただけましたでしょうか。
その他にも小さな庭や坪庭の施工例がございますので、是非ご覧戴ければと思います。

お庭づくりのご依頼・お見積もり専用ダイヤル TEL 047-337-6326 お電話お受け付け時間 9:00~20:00

PAGETOP