高木の自然樹が作り出す心地良い木漏れ日の庭。自然に作り出す半日陰の環境で小さな植物を育てる庭に。

板橋区のN様邸のお庭づくりにおきましては、植栽が持つ「樹冠」の領域を存分に使う事を大切に考えました。
植木には「樹形」はもちろんの事、木それぞれが異なる方向性を持っております。 木を植えて庭を作る、というのは当然の事ではございますが、今回のお庭づくりでは「元々あった木の下に小庭を作った」といった雰囲気を意識致しました。
一見して細長く、お庭として活用するのが難しいと思われるかもしれませんが、かえって自然味を感じるナチュラルガーデン向きであるという好例でもございます。

外観を大きく左右させる境界はウッドフェンスを施工。どんな素材よりも木々との引き立ち合いが美しく感じられます。

1
道路沿いのウッドフェンスに感じるナチュラルなお庭風景。アルミの様な硬さは無く、樹脂製フェンスよりも遥かに丈夫なウッドフェンスが植栽群の緑を引き立てます。質感も特に柔らかなイタウバ材を使用し、面材の隙間も広めに空けた優しい印象のウッドフェンスに致しました。
こちらのウッドフェンスの詳細はお庭の施工例-目隠し効果を持ちながら、光と風を取り込むウッドフェンス-板橋区N様邸にてご紹介を致しております。

 

ナチュラルガーデンの入り口は簡易的なウッドフェンスが迎えます。大谷石による敷石アプローチを含み、幅2メートル程の中で存分に自然風景を感じる事が出来ます。

2
左写真:お庭の入り口は間を大きめに空けたウッドフェンスを施工し、ナチュラルガーデンの雰囲気を外観に伝えます。ウッドフェンスの背後は常緑樹であります自然樹形のソヨゴを植栽し、適度にお庭が見え隠れする様にしております。既存門扉の柱周りには鳥海石や六方石を組み合わせた庭石組みの境界を作り、割砂利敷きの仕上げに。
右写真:単幹のヤマモミジが出迎える中を、大谷石による敷石アプローチが続きます。お庭中央部分のみ広めの空間を取り、鉢植えや睡蓮鉢を置く為のスペースを設けております。

 

自然な植物群生を感じさせながらも、敷石アプローチへの土留め処置を全体に施しております。

3
庭石と下草類をナチュラルに植栽して自然群生をイメージしておりますが、敷石アプローチと植栽部分は明確に分けられております。 庭石や下草を組み合わせて自然に見せておりますが、泥の流出やメンテナンス性を考慮する事も大切です。
多種のセキショウ類やラン類に合わせ、シダ類、クリスマスローズ、ギボウシや風知草、さらには山野草の種まで織り込んだナチュラルなお庭に。

 

元々存在したかの様な樹木が作り出す木漏れ日のある庭環境。小さな植物を育む自然風景を意識致しました。

4
左写真:お庭の入り口に出迎えるモミジは単幹で幹も太く、自然な曲がりを持っております。この曲がりが自然にウッドフェンス側へのびのび育ったかの様な植栽調整をし、自然石の割れ目から育ったかの様な雰囲気を出しております。植栽はヒメシャラ(株立・単幹)、コハウチワカエデ、ナツハゼと続きます。
右写真:高木がもたらす木漏れ日を受けるのは、コンフューサやツリバナ、ブルーベリー、ミツバツツジなどの中木です。半日陰といった環境の中でも日当たり具合は異なりますので、その都度対応出来そうな植栽の配置を考えます。

 

園芸を楽しむ為の空間も確保し、将来的に自然味を増していくナチュラルガーデンとなっております。

5
目隠しをし過ぎないウッドフェンスと自然な植栽が山間の様な心地良さを。お庭の所々に空間を設けており、後々お客様ご自身にて山野草などを育てられる様に致しております。野草類は環境に敏感でございますが、きっと環境に合う植物が見付かる事でしょう。特に夏花などはとても良く似合うお庭であると思います。