広いマンション専用庭に雑草対策を施工して快適なお庭へリフォーム致しました。洋風ガーデンの趣を感じる庭デザインです。

庭リフォーム前の専用庭N様邸のマンション専用庭はバルコニーから階段を下りていく構造となっており、お庭の面積も広い事が特徴となっております。

お庭の全ての部分が土の状態となっており、既存の庭木が多く存在して暗い印象を与えてしまっておりました。

そこで今回は既存の庭木を一掃し、新たなお庭へリフォームをさせていただく事となりました。
雑草対策を主軸とした、管理の容易な洋風ガーデンをご提案させていただきました。

 

花壇へ向かうアプローチと砂利敷き空間が、手間いらずの専用庭を実現します。

花壇と会談を結ぶ洋風アプローチ
お庭へ下りる階段と、新たに施工した花壇を繋ぐアプローチは、控え目なカラーで割り石を表現する洋風ペイピングを採用致しました。 タイルの様な無機質な感じではなく、お庭をどこか優しい印象に変えてくれます。

 

お庭の奥は濃緑色の常緑植栽で背景を引き締めます。

お庭の奥へ植栽した常緑低木
お庭の最奥にはブルーパシフィックやマホニアコンフューサなどの常緑低木を植栽し、濃緑色でお庭の背景としての効果を引き出します。 共に管理のしやすい植木ながら、ちょっとした自然味も感じられる植栽となります。

 

植栽の間にも入念な雑草対策を施工する事で、細かな部分の草むしりからも開放されます。

植木の隙間など隅々まで雑草対策を
植木同士の隙間や背後のフェンス前など、細かな部分まで防草シートによる雑草対策を施工しております。普段は足を踏み入れる事が無い部分ですので砂利が散らかる事もなく、なにより景観的に明るいお庭を演出できます。 砂利から発根して育つ雑草もございますが、その様な草は除去の容易な種がほとんどですので安心です。

 

使いやすくコンパクトな花壇を施工。少しの草花がお庭を引き立ててくれます。

お庭の主役となる位置へ施工した花壇
小さく使いやすい花壇をお庭の中央付近に新たに施工しております。多くの草花を植えられるサイズではございませんが、少しの草花こそ管理も容易となり、花壇内が荒れてしまう事も無くなります。 周囲のマテリアルとの相性を考慮したレンガを2段積みしており、常にお庭の一部としての存在感を感じられる花壇となっております。

 

隣家様との境界も入念に施工。植栽や縁石で砂利留めを施しております。

隣地境界を含むお庭の全景
隣地境界から砂利が流れてしまう事は必ず避けなければなりません。こちらのお庭では境界付近に大き目の縁石や植栽を配し、砂利留めとしております。 植栽のほとんどはコニファー系グランドカバーを使用しており、乾燥や病虫害にも強い性質をもっております。あらゆる環境に適応する剛健種は、永くお庭へ色をそえてくれます。汚水マスを被せる部分のみ、大粒の砂利を使用して位置が把握出来る様にしております。 同時にちょっとしたアクセントとしても効果がございます。

こちらのお庭の施工中の様子はお庭づくりブログ-船橋市マンションN様邸専用庭リフォーム工事-専用庭を雑草の生えない洋風ガーデンににてご覧戴く事が出来ます。