不要な樹木が混在し、雑草が生長しやすいマンション専用庭へ徹底した雑草対策を施工。風通しも日当たりも改善され、快適な庭空間となりました。

beこちらは施工前の専用庭の様子です。前居住者様が植えられておりました樹木が太く生長し、何本もの木々が溢れ返ってしまっている状況でした。 この状態でございますと日照不足に併せ通風も非常に悪くなり、夏季は無風・多湿により毛虫などが大量発生しやすい環境となってしまいます。
今回は樹木を全て伐採・抜根により処分し、全面に雑草対策を施した多目的空間としてのお庭を施工いたします。

 

境界も改めて綺麗に浮かび上がり、日当たりの良い快適な庭空間を取り戻しました。

1
先にございます施工前の写真と同アングルのお庭の様子。お庭の境界自体が解らない程に生い茂っておりました樹木が根ごと撤去され、存分に日の当たるお庭となりました。 砂利部分には全面的に防草シートを施工しており、さらに厚めの砂利敷き仕上げによって雑草対策の仕上げとしております。 洋風平板を使ったアプローチが、ステップから石組み花壇へと繋がっております。

砂利敷きの境界ラインにはしっかりと縁石を設置。隣家様へ砂利が流れない配慮を。

3
砂利留めとなります縁石は、コンクリートによる強固な据え付けを施しております。がたつきや傾斜も起こらず、長期に渡り砂利留めとしての機能を担います。お庭を一周囲う様に設置された縁石は砂利の直線ラインを美しく引き出す景観効果もございます。

多目的な広場に合わせた庭石組みの花壇。ご家族で楽しめる快適な空間造りが出来ました。

4
手前の砂利敷き空間は、夏場にお子様のプールなどを置く多目的なスペースとして残しております。 お庭の角には洋風色を持つ石組みによって花壇を施工し、草花はもちろん菜園としての使い道もございます。 存分に使える様に生まれ変わったお庭を、今後とも気持ちの良い空間として楽しんでいただければと思います。
こちらのお庭のリフォーム中の様子につきましてはお庭造りブログ-松戸市K様邸マンション専用庭-伐採・雑草対策によるお庭リフォームの様子にてご覧戴く事が出来ます。