お庭の横手に隣接する隣家様の玄関ドアを、緑濃いマキの生垣によって目隠しを致しました。

M様邸の駐車スペースの奥は隣家様の玄関ドアと隣接する状況でありました。

4
お隣様の玄関に向けてフェンスを立てたり致しますと圧迫感を感じさせてしまいますので、今回はお隣様にとりましても気持ちの良い、緑濃いマキの生垣を施工する事で目隠し対策とさせていただきました。

生垣としては高めの2.2メートルに設計。背が高くてもスリムに維持が可能なラカンマキを植栽しております。

1
生垣用のマキとして生長をさせたものを植栽して生垣としております。ラカンマキは枝が細かく葉も小さい為、刈り込みを施す程に密な生垣に生長していきます。葉が大きなものよりも明らかに繊細な美しさを引き出す事ができ、古くから観賞価値も高い生垣品種としても扱われてきました。隣家様の玄関付近を美しく目隠しする事が出来ました。

十分な高さの生垣を支える、竹材を高く延長させた骨格。植え付け当初~生垣成型までの重要な働きを担います。

2
地面に埋け込んだ丸太へ釘打ちによって竹を立て掛け、2mの高さに対応する骨格を施工しております。背の高い生垣用の植木は支えに縛り付けて樹形を矯正する事が必須です。この状態で刈り込みをしながら育てる事で、初めて綺麗な形の生垣に仕上がっていきます。

ラカンマキの持つ細やかさが引き立てられる生垣。表裏共に美しい景観を楽しむ事が出来ます。

3
左写真:葉の短い特徴が見られるラカンマキの枝葉。刈り込み時にカットされた部分からは2~3箇所に芽が吹きやすく、枝の細かい生垣を仕上げる事が出来ます。
右写真:生垣の裏側、隣家様から見た生垣の様子。境界フェンスからは少々空間を空けており、刈り込み剪定をしやすくしております。マキは日陰となる裏側でも葉を維持する事ができ、お隣様にとりましても美しい景観になり得ます。但しブロック塀やお住まい外壁、他の庭木と接触する様な場所ですと葉枯れを起こし、裏側には葉が無くなりますので注意が必要です。

こちらの生垣の施工の様子はお庭づくりブログ-松戸市T様邸生垣設置工事-隣家様の玄関を目隠しする生垣作りの様子にてご覧戴く事が出来ます。