面積の広いお庭へは予め雑草対策を施し、必要箇所へ美しい植栽を。

K様邸は大変に立派な建物であり、お庭の面積も相応に面積がございました。 先立ちまして外構工事を行われており、通路やデザインウォール、テラスなどが出来上がっておりました。 弊社には植栽に関しましてご依頼をいただき、併せまして雑草が発生しやすい地元の土に防草対策を施します。 植栽が必要な箇所は限定し、植木のサイズを抑えながらもお住まいを引き立てる様な庭木を考えました。

玄関周りは必要最低限の植栽で風通し良く。三角構図の植栽配置で無駄の無い緑の空間に。

1
左写真:玄関へ向かうアプローチへの植栽は、ビバーナム種の低木にフェイジョアの組み合わせを。 ポイント毎に三角構図で植栽をするだけで、角度によって異なる眺めを楽しめます。フェイジョアはメインリビング前の窓を見え隠れさせる役目を担っております。
右写真:アプローチから庭へ入る入り口からの眺め。直線的に敷かれていた平板の左右へ、順に振り分ける様な植栽配置と致しました。 植木のレイアウトはジューンベリー、フェイジョア、シマトネリコと続き、奥のテラス付近はブルーベリーやアロニアが添えられます。植栽部分以外は防草シートにて徹底して雑草対策を行い、白地に茶が混じる錆砂利で仕上げました。こちらの砂利によって周囲のホワイトカラーがより明るく見える様になります。

玄関の植栽から繋がる主庭の植栽風景。全ての植木がリズミカルに見え隠れする植栽配置を。

2
玄関アプローチ部分と主庭は眺めとして一体となり、植木を含む全体的な景観がお住まいの顔となります。 こちらのお庭は夏場の日照りが強い為、相応に剛健な面を持つ植木を選んで植栽致しております。 ポイント毎に植え込まれたグランドカバーは3色で構成され、遠目から眺めても目を引く存在感を持っております。

意外にも重要な外回りのグリーン。メンテナンスのしにくい部分は乾燥に強い剛健種のグランドカバーが適しています。

3
道路側デザインウォールに設けられておりました花壇にはブルーパシフィックを寄せ植えして仕上げました。この様な場所の花壇は最も乾燥しやすく、なおかつ水遣りがしにくい場所でもあります。下草類などの生育は見込めませんし、つる植物ですと景観を乱しやすくなります。メンテナンスフリーとまではまいりませんが、コニファー系統のグランドカバーであれば過酷な環境下でも緑を維持しやすくなります。 塀越しにシマトネリコとアロニアが顔を出し、お住まいと一体した景色を作ります。 生長の旺盛な植木でも、こちらの様な面積のお庭であれば、放任した自然樹形を楽しむ事が出来るでしょう。