既存の壁に設けられた空間に、白花のトキワマンサクの生垣を施工致しました。

生垣を施工する前提でデザインされた既存の壁部分を塞ぐ様に、今回は白花種のトキワマンサクを使って生垣を施工致しました。 紅花は葉が赤く、白花は黄緑色の葉を持つ特性があります。 白花の生垣は全体を軽やかに見せる事ができ、淡色の外壁との相性が良いと思います。

113
今回の骨組みは竹を通常よりも上の方へ固定しております。 これは植栽をする植木の頭部分がまだ座っていない(固まっていない)場合に行うもので、より上の方で縛り付けておきたい場合になります。 将来的に塀よりも若干高めとなる生垣を想定した骨組みとなります。

生長と共に徐々に目隠し効果を発揮していく生垣です

114
完成した白花トキワマンサクの生垣です。 葉は明るく、背景の白い外壁によく合います。 清潔感のあるお住まいを軽やかに見せる生垣へと生長する事でしょう。